大山上池・下池

環境省自然環境・生物多様性渡り鳥関連情報渡り鳥飛来状況調査

調査地の概要
特徴 山形県鶴岡市の西部に位置し、灌漑用ため池として維持されている湖沼の水面が鳥獣保護区に指定されています。ガンカモ類を始め、多くの渡り鳥の貴重な越冬地で、特にマガモは毎年2〜3万羽、コハクチョウは3千羽以上確認されています。
鳥獣保護区面積 39 ha 緯度経度 38.7538 139.7574
所在地 山形県鶴岡市
調査地で見られる鳥類 マガモ、カルガモ、ヒシクイ、マガン、コハクチョウ
調査地の範囲と写真

上池

下池

下池 大山公園より望む
地図は国土地理院のウォッちずを加工して作成