大潟草原

環境省自然環境・生物多様性渡り鳥関連情報渡り鳥飛来状況調査

調査地の概要
特徴 大潟草原は、八郎潟干拓地の中央西部に位置し、草原及び水路が大分部を占めており、水路で囲まれた標高0m以下の干拓地特有の区域であるため、肉食ほ乳類の侵入がほとんどみられません。このような自然環境の中、絶滅危惧TB類のオオセッカの生息、同じくTB類のチュウヒ、 U類のコジュリン等の繁殖が確認されています。また、湖沼部分は、絶滅危惧U類のヒシクイ、準絶滅危惧種のマガン等のガン・カモ類をはじめ多くの水鳥類の生息地となっています。
鳥獣保護区面積 135 ha 緯度経度 39.9208 140.0187
所在地 秋田県南秋田郡大潟村
調査地で見られる鳥類 マガモ、コガモ等のカモ類 <10上旬〜3月下旬>
コハクチョウ等のハクチョウ類、マガン、ヒシクイ <10月下旬〜3月下旬>
調査地の範囲と写真
地図は国土地理院のウォッちずを加工して作成