本文へジャンプ
  • TOP >
  • 抜本的な鳥獣管理対策について

野生鳥獣の捕獲

指定管理鳥獣捕獲等事業

指定管理鳥獣捕獲等事業

 鳥獣保護法の改正により創設された制度で、集中的かつ広域的に管理を図る必要があるとして、環境大臣が定めた鳥獣(指定管理鳥獣)について、都道府県又は国が捕獲等をする事業(指定管理鳥獣捕獲等事業)を実施することができることになりました。
指定管理鳥獣はニホンジカ及びイノシシが指定されています。
 指定管理鳥獣捕獲等事業を実施する都道府県は、捕獲等事業の内容を具体的にまとめた指定管理鳥獣捕獲等事業実施計画を策定し、この計画に基づいて捕獲等事業を行います。
 指定管理鳥獣捕獲等事業には、法令上の特例措置が設けられており、指定管理鳥獣捕獲等事業実施計画に位置付け等レ手いる場合は、法第8条の捕獲の禁止のほか、法第18条の捕獲した鳥獣の放置の禁止、法第38条第1項の夜間銃猟の禁止の各禁止事項が適用されません。

<指定管理鳥獣捕獲等事業の流れ>

※注意:指定管理鳥獣捕獲等事業と認定鳥獣捕獲等事業者制度は、異なる制度です。認定鳥獣捕獲等事業者に対して、指定管理鳥獣捕獲等事業に係る特例が適用される訳ではありません。

指定管理鳥獣捕獲等事業交付金事業

 都道府県が指定管理鳥獣捕獲等事業に関する実施計画を定めて、指定管理鳥獣捕獲等事業を実施する取組に対し、必要な経費を国が支援するものです。

    1 対象鳥獣
      指定管理鳥獣(ニホンジカ、イノシシ)
    2 対象都道府県
      指定管理鳥獣捕獲等事業を実施する都道府県
    3 交付対象事業
      1) 実施計画策定等事業
      2) 指定管理鳥獣捕獲等事業
      3) 効果的捕獲促進事業
      4) 認定鳥獣捕獲等事業者等の育成
    4 基本的な考え方
       平成28年10月11日付けで告示した「鳥獣の保護及び管理を計るための事業を実施するための基本的な指針」において、「都道府県は広域的な個体群監理を行う観点から指定管理鳥獣捕獲等事業を実施」することとし、指定管理鳥獣捕獲等事業を委託する際には「業務として適切な価格で発注するよう留意」し、「捕獲実績や捕獲方法、安全管理体制等を考慮した契約方法により発注する」こととしています。
       また、その業務内容は、「指定管理鳥獣捕獲等事業実施計画の目標として定める捕獲数等を達成するために必要な捕獲努力量等を規定するよう努め」、「業務として実施する事項を明確に定める」としています。
    5 交付割合
      1) 3の1)は事業費5,000千円を上限とする定額補助(ただし、定額を超えた分は事業費の1/2以内)
      2) 3の2)は事業費の1/2以内(ただし、指定管理鳥獣に原子力災害対策特別措置法に基づく出荷制限がある県は、解除されるまでの間、事業費の2/3以内)
      3) 3の3)は事業費10,000千円を上限とする定額補助
      4) 3の4)は事業費2,000千円を上限とする定額補助(ただし、定額を超えた分は事業費の1/2以内)
       注)1)、3)の定額補助はH30までの時限措置
    6 各種資料
     (平成28年度補正予算)
      ・事業概要(補正予算)[PDF 618KB]
      ・指定管理鳥獣捕獲等事業交付金交付要綱[PDF 390KB]
      ・指定管理鳥獣捕獲等事業交付金実施要綱[PDF 221KB]
      ・指定管理鳥獣捕獲等事業交付金実施要領[PDF 384KB]
     (平成28年度)
      ・事業概要[PDF 666KB]
      ・指定管理鳥獣捕獲等事業交付金交付要綱[PDF 715KB]
      ・指定管理鳥獣捕獲等事業交付金実施要綱[PDF 221KB]
      ・指定管理鳥獣捕獲等事業交付金実施要領[PDF 509KB]