ちょっとecoに詳しくなる ecojin's EYE 環境のことを考えるヒントとなる、エコなキーワードを解説します。

今週のテーマ 「おいしい食べきり」
全国共同キャンペーン

まだ食べられる食べ物が捨てられてしまう「食品ロス」は、もったいないだけでなく、環境にもさまざまな悪影響を及ぼします。環境省では、消費者庁や農林水産省、全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会と連携し、食事を残さず食べきることを呼び掛ける「おいしい食べきり」全国共同キャンペーンを2021年12月〜2022年1月に実施します。

2019年度までは飲食店での食べきりを重点的に呼び掛けていましたが、新型コロナウイルス感染症拡大により、テイクアウトなどを利用して家庭で食事を取る機会が増えています。そのため2020年度は、家庭での食べきりにも力を入れて啓発活動を行いました。外食では残さず食べきることが大切ですが、どうしても食べきれなかった時には、飲食店の説明をよく聞いた上で持ち帰ることも食品ロス削減につながります。環境省では、消費者庁、農林水産省とともに、外食での食べ残しを自己責任の範囲で持ち帰る「mottECO」も呼び掛けています。

キャンペーンポスター

ecojin's EYE

 現在、食品ロスは世界的な問題です。日本の食品ロスは年間約570万t2019年度推計)。これを削減していくためには、皆さん一人ひとりの行動が大切です。食べ残しや廃棄を減らすため、日々の買い物や食事から食品ロスを意識していきましょう。

写真/PIXTA