←前ページ 目次 次ページ→

5.アジア・太平洋地域の持続可能な社会づくりへの貢献

25億円


  ヨハネスブルグサミットの成果を踏まえて、アジア・太平洋地域を中心にした持続可能な開発を強力に進めるため、途上国における研究科学能力の向上を図るための人づくりを進めるなど、戦略的な国際協力の展開を図ります。また、同サミットの「実施計画」に含まれ国連総会において採択された「持続可能な開発のための教育の10年」を推進します。


【主な予算措置】 百万円 百万円
・地球環境に関するアジア太平洋地域共同研究・観測推進費
・(新)黄砂対策推進費
・(新)国際環境協力における南南協力推進検討事業
・(新)持続可能な開発のための教育10年構想事業費(国連大学拠出金)
・(新)「持続可能な未来〜教育/IT/天然資源」国際会議の開催
  (ヨハネスフ゛ルク゛サミットを契機とした持続可能な開発の取組総合推進費のうち)
・(新)森林生態系の保全管理対策検討調査
・(新)砂漠化防止対策技術の移転手法等検討調査事業経費
173
26
11
50
25

9
12
( 147)
( 0)
( 0)
( 0)
( 0)

( 0)
( 0)