課題名

C-1 東アジアにおける酸性・酸化性物質の動態解明に関する研究

課題代表者名

村野 健太郎 (国立環境研究所)

研究期間

平成2年度〜4年度

合計予算額

86,768千円 (4年度当初予算額)

研究体制

(1) 酸性、酸化性物質等の動態解明のための地上観測に関する研究

  酸性、酸化性物質等の動態解明のための地上観測に関する研究

 (環境庁 国立環境研究所 地球環境研究グループ 酸性雨研究チーム 村野 健太郎)

  酸性雨データの解析手法に関する研究

(厚生省 国立公衆衛生院 地域環境衛生学部  原  宏)

(2) 東アジアにおける大気動態解明のための航空機等を用いた観測に関する研究

  航空機観測のための酸化性物質の高感度計測シネテムの開発及び汚染物質輸送、変質等の解析に関する研究

  (環境庁 国立環境研究所 地球環境研究グループ 酸性雨研究チーム 畠山 史郎)

  東アジア地域における酸性雨に関連する汚染質の輸送に関する研究

(運輸省 気象庁 気象研究所 応用気象研究部  佐藤 純次)

 B腟っ罎糧量パーオキシアシルナイトレート類およびその関連化合物の可搬型及び航空機搭載型の自動採取・計測システムの開発に関する研究

(厚生省 国立公衆衛生院 地域環境衛生学部  渡辺 征夫)