検索画面へ
  Go Research

課題名

S-1  21世紀の炭素管理に向けたアジア陸域生態系の統合的炭素収支研究[PDF](1649KB)
(Abstract of the Final Report)[PDF](753KB)

課題代表者名

及川 武久 (筑波大学大学院生命環境科学研究科)

研究期間

平成14−18年度

合計予算額

1,924,340千円 (うち18年度  370,459千円)

研究体制

テーマ:ボトムアップ(微気象・生態学的)アプローチによる陸域生態系の炭素収支解析
    に関する研究

  (1)森林生態系における炭素収支の定量的評価に関する研究

   (独立行政法人産業技術総合研究所、独立行政法人森林総合研究所、独立行政法人国立環境
   研究所、北海道大学、京都大学、茨城大学、神戸大学、信州大学、岐阜大学、島根大学、
   鹿児島大学、龍谷大学、山梨県環境科学研究所、財団法人自然環境研究センター)

  (2)草原・農耕地生態系における炭素収支の定量的評価に関する研究

   (独立行政法人国立環境研究所、独立行政法人農業環境技術研究所、独立行政法人農業・
   食品産業技術総合研究機構、筑波大学、岡山大学、財団法人自然環境研究センター)

  (3)土壌圏における炭素収支の定量的評価に関する研究

   (岐阜大学、独立行政法人国立環境研究所、独立行政法人農業環境技術研究所、
   筑波大学、茨城大学、都留文科大学、玉川大学)

  (4)陸域炭素収支のデータベースの構築と総合的解析に関する研究

   (独立行政法人農業環境技術研究所、独立行政法人産業技術総合研究所、岡山大学)

テーマ:トップダウン(大気観測)アプローチによるメソスケールの陸域炭素収支解析

  (1)大気観測ネットワークによる二酸化炭素のメソスケールの分布とその変動の観測
 (2)メソスケールのインバースモデルの開発による二酸化炭素収支分布の推定

   (独立行政法人国立環境研究所、独立行政法人海洋研究開発機構)

テーマ:アジア陸域生態系の炭素収支変動予測と21世紀の炭素管理手法の検討

  (1)陸域生態系吸収・放出の近未来予測モデルの開発

   (筑波大学、国土交通省気象研究所、独立行政法人海洋研究開発機構)

  (2)陸域炭素循環モデルの国際比較と高度化

   (独立行政法人国立環境研究所)

  (3)二酸化炭素収支のモデルによる予測のための情報基盤整備

   (北海道大学、独立行政法人産業総合研究所、筑波大学)

  (4)21世紀の陸域炭素管理オプションの総合評価と炭素収支の統合予測モデルの開発

   (独立行政法人国立環境研究所)

テーマ:プロジェクトの統合的推進と情報の共有

   (筑波大学、独立行政法人国立環境研究所)