検索画面に戻る Go Research



(2.03MB)

[G―2 砂漠化指標による砂漠化の評価とモニタリングに関する総合的研究]

(2) 砂漠化の植生指標に関する研究

独立行政法人国立環境研究所

 

 

  環境研究基盤技術ラボラトリー

 

高 永(平成13・14年度EFF)

  

戸部和夫

  国際室

 

虞 毅(平成15年度EFF)

 

 

干 云江・清水英幸

[平成13〜15年度合計予算額]

 平成l3〜15年度合計予算額 7,091千円
 (うち、平成15年度予算額 2,507千円)
 上記の予算額には、間接経費 1,636千円(579千円)を含む

[要旨]

  砂漠化を効果的に防止するためには、砂漠化の進行状況を適格に把握するための実用的で高感
度な指標が必要である。植生は、砂漠化の進行とともに敏感にその様相を変えることが知られて
おり、有効な砂漠化指標として用いうると期待される。そこで、本研究では、中国の内蒙古自治
区に位置するいくつかの典型的な砂漠化地域を対象として、(幻イ離譽咼紂次△よび、現地
調査を並行して行い、地域ごとに適用可能な砂漠化の植生指標を抽出することを目的とした。文
献レビューより砂漠化の植生指標を比較検討した結果、砂漠化評価のために指標に組み込むべき
植生パラメータとしては、植被率、地上バイオマスおよび優占植物種の3つが重要であり、砂漠
化進行度は、3〜6段階程度に分類するのが実用的であることが判った。また、現地の住民にと
って最も実用的な砂漠化指標は、指標植物種であると考えられたが、中国国内においても、乾燥
度、降雨量などの気象条件、地質などの土壌条件の相違や地理的隔離による分布種の相違等によ
り、地域ごとに異なった指標植物種が予測された。そこで、乾燥度が大きく異なっているととも
に地理的にも隔たった場所に位置する6カ所を現地調査の対象地域として選んだ。これらの地域
で、砂漠化の進行に伴い、植被率、植物種構成などがどのように変化するかを調べるとともに、
特定の砂漠化の進行段階でどのような植物種が特異的に出現するかを検討した。その結果、これ
ら6地域では、本来の分布植物種に相違が認められるため、指標植物として用いられる植物種も
各地域ごとにそれなりに異なることが明らかになった。そこで、6地域のそれぞれにつき、砂漠
化の進行度を評価するために適用可能な指標植物種を提示した。本研究により得られた関連情報
については、データベース化を行った、本研究の結果、中国北部の乾燥・半乾燥・乾性半湿潤地
域に分布する植物種に関し、砂漠化の指標植物という視点からの情報整理や現地調査がなされ、
今後の砂漠化モニタリングのために有用な基盤整備を行うことができた。

[キーワード]

 砂漠化進行度、指標植物種、植生指標、中国内蒙古、データベース