検索画面に戻る Go Research



(1.1Mb)

[B−8 大気の酸化能と温室効果ガスの消滅過程をコントロールする反応性大気微量気体の大気質へのインパクトに関する研究]

(1)NOy化学種の生成・変質・除去過程に関する研究

.僉璽キシナイトレートの生成消滅と熱帯域の光化学汚染に関する研究


独立行政法人国立環境研究所

 

 大気圏環境研究領域大気反応研究室

畠山史郎・佐藤圭・猪俣敏

 成層圏オゾン層変動研究プロジェクト

オゾン層モデリング研究チーム 今村隆史

京都大学大学院理学研究科

鷲田伸明


[平成11〜13年度合計予算額]

 平成11-13年度合計予算額 25,428千円
 (うち、平成13年度予算額 9,540千円)

[要旨]

1.光化学オゾン生成に対する温度依存性:17〜70℃の温度範囲で測定されたトルエンの光酸化反応における光化学オゾンの生成量(最大オゾン濃度、[O3]max)に対する温度依存性の要因を、簡略化した化学モデルで解析した。観測された最大オゾン濃度に対する温度依存性はトルエンの光酸化開始反応であるOHラジカル反応の反応経路(OH付加反応と水素原子引き抜き反応)の分岐比に対する温度依存性に加えて、OHラジカル反応の主要なチャンネルで生成するOH付加ラジカル(MHCHD)の後続反応に対する温度依存性(MHCHD+O2⇔MHCHD-O2平衡反応の温度依存性)によって説明し得ることがわかった。2.光化学エアロゾル生成:トルエンの光酸化反応で生成する2次エアロゾル濃度を照射時間の関数として測定した。測定結果はエアロゾル生成には時間的遅れがあり、その遅れは光化学オゾン生成と関連がある事が認められた。トルエンの消費量に対するエアロゾルの生成量を簡略化した反応スキームで解析した結果、エアロゾル生成に対し、トルエン光酸化の初期生成物と光化学的に生成するオゾンとの反応が重要である事が分かった。3.植物起源有機化合物の光酸化とその大気質へのインパクト:最近大気中で高い濃度が観測されている植物起源有機化合物であるメチルベテンオールの光酸化の大気質へのインパクトを、反応生成物の同定と生成収率、光化学オゾン生成、エアロゾル生成の立場から、代表的な植物起源炭化水素であるイソプレンと比較して、評価した。


[キーワード]

 トルエン、光化学オゾン、光化学エアロゾル、温度依存性、植物起源有機化合物