安倍総理が地球温暖化問題に係る戦略「美しい星50」を世界に向けて提案されました。

5月24日、安倍総理が地球温暖化問題について、次の三つの柱からなる戦略「美しい星50」を提案されました。

第1の柱は、「世界全体の排出量を現状に比して2050年までに半減する」という長期目標及びその実現に向けての「革新的技術」とそれを中核とする「低炭素社会づくり」という長期ビジョンの提唱です。

第2の柱は、2013年以降の温暖化対策の国際的な枠組みの構築に向けた3原則の提唱です。

第3の柱は、我が国として、京都議定書の目標達成を確実にするため、国民運動を展開するという取組です。

今後、この提案を世界全体の取組に発展させていくため、G8サミットを始めとする様々な場において訴えていきます。


○国際交流会議「アジアの未来」晩餐会での内閣総理大臣演説 
 美しい星へのいざない「Invitation to 『 Cool Earth 50 』」〜 3つの提案、3つの原則 〜(首相官邸HP)