PRTRインフォメーション広場
問い合わせ 問い合わせ サイトマップ サイトマップ ホーム ホーム ENGLISH
事業者の皆さまへ 個別事業所のデータ 集計結果 PRTRとは PRTR目安箱 資料集 リンク
  > PRTRとは  > PRTR制度が必要な理由
PRTRとは何?
制度が必要な理由
制度ができた経緯
PRTRの仕組み
PRTRで分かる事
化管法の内容



なぜPRTRという制度が必要なの?

  個々の化学物質に対して行ってきた従来の化学物質規制と異なり、たくさんの化学物質が有する環境リスクを全体として低減させていくためには、行政、事業者、市民・NGOの各主体がそれぞれの立場から、また協力して、環境リスクを持つ化学物質の排出削減に取り組んでいく必要があります。
  このためには、どのような物質が、どこから出てどこへ行っているのか、それはどのくらいの量なのか、といった基本的な情報をすべての関係者で共有することが必要です。また、それぞれの活動・対策の効果を確かめるためには、化学物質の排出等の状況を定期的に追跡・評価する必要があります。これらを実現するための新しい化学物質管理手法として、PRTRが導入されました。

今日の化学物質問題

  プラスチック、合成繊維、医薬品、農薬、洗剤、塗料、ハイテク材料・・・豊かで便利な私たちの生活は、化学物質を原材料にしたたくさんの製品によって支えられています。
  化学物質は製品の中に含まれているだけではなく、製品が生産され、使用され、あるいは廃棄される間に、様々なところから、大気、水、土壌などの環境中に出ています。環境中に出た化学物質は、すぐに水や二酸化炭素などに分解されてしまう場合もありますが、そのまま川や海の底質に蓄積したり、食物連鎖を通じて生物の体内に濃縮されていく場合もあります。環境中の化学物質は、呼吸や飲料水、食品の摂取などを通じて、人間の体内にも入っていきます。

  化学物質は私たちにとって有用なものですが、その中には有害な性質、例えば発がん性や生物に奇形、生殖機能の異常などを引き起こすものも少なくありません。こうした物質が環境中に排出され、汚染された空気を吸ったり、食物を食べることによって人や野生生物などの体内にとりこまれた場合、いろいろな問題、ことによっては取り返しのつかない被害が発生する可能性もあります。
  このように、化学物質などが、環境中に排出され、環境中の経路を通じて人の健康や生態系に有害な影響を及ぼす可能性のことを、「環境リスク」と呼んでいます。

化学物質対策の現状と新たな取り組みの必要性

  我が国ではこれまで、化学物質の生産、使用、廃棄・排出に関するいくつかの法律が制定され、環境リスクが大きい物質について一つ一つ規制を行ってきました。例えば次のような法律による規制です。
  ・製造・使用に関する法律
    「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律」、「農薬取締法」
  ・排出・廃棄に関する法律
    「大気汚染防止法」、「水質汚濁防止法」、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」
  これらの法律については、化学物質の毒性や環境の汚染状況が明らかになるに従い、必要な規制の充実・強化が図られてきています。

  このように、環境リスクが大きい物質については今後も必要な規制を行うことになりますが、多数の化学物質が何らかの環境リスクを持っているということを考えると、限られた物質を個別に規制していくだけでは、人の健康や生態系の健全性を守るのに必ずしも十分とは言い切れません。個々の物質のリスク評価を進めていくことはもちろん重要ですが、これと並行して、多くの物質の環境リスクを全体としてできるだけ低減させることが必要です。

  化学物質は事業活動の中で生産、使用、廃棄され、その過程で環境中に排出されていることはもちろんですが、消費者(市民)による製品の使用・消費によっても、環境中に排出されています。したがって、化学物質の環境リスクを減らすためには、行政だけでなく事業者や市民もそれぞれの立場から取り組むことが大切です。
  まず、事業者は、事業活動に伴い排出される化学物質の量が少なくなるように努力する必要があります。
  市民も、自らの生活を点検し、化学物質の使用量を減らしたり、再利用に心がけたりすることが必要です。また、NGO(非政府組織)が市民を代表して行政や事業者に対し化学物質の環境リスクの削減を働きかけることもできます。

  このように、行政、事業者、市民・NGOの各主体がそれぞれの立場から、また協力して環境リスクを持つ化学物質の排出削減に取り組んでいくためには、その出発点として、どのような物質が、どこから出てどこへ行っているのか、それはどのくらいの量なのか、といった基本的な情報をすべての関係者で共有することが必要です。また、それぞれの活動・対策の効果を確かめるためには、化学物質の排出等の状況を定期的に追跡・評価する必要があります。これらを可能にする新しい化学物質管理の手法、それが「PRTR(Pollutant Release and Transfer Register:化学物質排出移動量届出制度)」です。