「澄んだ空 澄んだ瞳に 映る星」12月は大気汚染防止推進月間です。

環境省大気環境・自動車対策

平成21年度環境大臣賞受賞ポスター 未来にも。輝く青い空。

例年、12月は自動車交通量の増加、ビルや家庭の暖房の他、気象条件の影響等により、大気汚染物質濃度が高くなる傾向があります。環境省では、毎年12月を大気汚染防止推進月間として、きれいな空を守ることの大切さを呼びかけています。
この機会に大気汚染の防止について、みんなで考えてみましょう。

大気環境を守るための、環境省からの提案です。

自転車や電車の使用を心がけましょう

 冬に空気が汚れる理由のひとつに、自動車交通量の増加があります。天気のいい日は出来るだけ自転車で出かけるなど、移動の際には、自転車や公共交通機関の使用を心がけましょう。
 smart moveとは(リンク)

暖房の使用を控えましょう

 過度の暖房使用は空気が汚れる原因となります。暖房は室温20度で、重ね着などの工夫を。ウォームビズやウォームシェアで暖かな冬をお過ごし下さい。
 ウォームビズ(リンク)

エコドライブを実践してみましょう

 自動車に乗ってもいても環境のために出来ることがあります。
 ふんわりアクセルeスタートから始めてみましょう!
 エコドライブ10のすすめ

大気汚染の防止について考えてみましょう

 大気汚染防止について考える(リンク:大気環境・ぜん息などの情報館(独)環境再生保全機構)

「星空の街・あおぞらの街」全国大会の紹介

 星空を観察するなどの身近な方法により大気環境の保全に対する意識を高めること、また、郷土の環境をいかした地域おこしの推進を図ることを目的とし、平成元年度から毎年開催しています。
 平成27年9月に福島県福島市で開催、平成28年は高知県四万十町で開催予定。
 第27回「星空の街・あおぞらの街」全国大会in福島市の開催について(お知らせ)

 

そのほか、お住まいの都道府県等のHP等でも大気汚染防止推進月間に関する取組・イベント等のお知らせが掲載されていることがありますのでご興味があれば検索されてみてはいかがでしょうか?
 (例:千葉県(リンク)

ページのトップへ