大阪府の代表的な湧水

回答市区町村名 湧水の名称 所在地 概要等 アクセス制限
◎:可
○:可(制限有り)
×:不可
−:不明
湧水保全活動 湧水写真・位置図
名称 ふりがな
岸和田市作才共同洗場ざくざいきょうどうあらいば岸和田市
作才町
岸和田市作才町付近は丘陵端でもあり、旧津田川伏流水の東端にあたり、湧水が多く見られる。
共同井戸はその一つを利用したもので、すぐ傍の夜泣石が目標。
  
岸和田市上白原の湧水かみしらはらのゆうすい岸和田市
上白原町
岸和田市の里山である神於山からの湧水を引いて貯水槽に溜めて利用している地域住民の生活水。
年1回有志により貯留槽の清掃を実施。 
吹田市垂水の滝たるみのたき吹田市
垂水町1-24-6
「本殿の西側には千里丘陵を流れてきた地下水が二カ所で湧き出ています。
「本瀧」と「小滝」と呼んでいて、どんな日照りの年でも涸れることがありません。
吹田の三名水※の一つです。」と、垂水神社のホームページに記載されています。
(※吹田の三名水は、垂水の滝、佐井の清水、泉殿宮の湧水であり、残り一つの泉殿宮の湧水については現在枯れています。)
 写真
吹田市佐井の清水さいのしみず吹田市
佐井寺1-17-10
「この清水は、行基の祈願により湧き出たと伝えられています。かつてこの水は「おかうずゐ池」に流されていたといい、佐井寺境内に引き込まれ「お香水」と呼んで、病気の快復、特に眼病に効きめがある霊水として信仰を集めました。
江戸時代、佐井寺は観音信仰の寺として有名でしたが、境外の裏山には薬師堂があり、病気を治す仏として信仰された薬師如来を祀っていたことから、薬師信仰の寺でもありました。
薬師如来や観音菩薩と霊水が結びついた信仰のありかたが注目されます。
おかうずゐ池北畔には五衰殿塔と呼ばれる江戸時代においても既に有名であった石塔がありますが、詳細はその当時からも不明と記されています。」と、吹田市立博物館のホームページに記載されています。
 地図
八尾市水呑地蔵みずのみじぞう八尾市
大字神立
生駒山地西ろくの神立(こうだち)から十三峠の七曲りの急な坂を登ったところにあります。
平安時代、承和三年(836)に僧 壱演が、地蔵菩薩を安置して、堂宇を設けたといわれています。
本堂の南側に小さな祠があり、地蔵堂の傍らに清水がわき出ていて、俗に「弘法水(こうぼうすい)」といいます。
弘法大師が、このすぐ上の十三峠を越える旅人のために、祈願して得た霊水といわれています。
 地図(PDF)
写真
河内長野市行者湧水ぎょうじゃゆうすい河内長野市
石見川8-2
湧水を「行者の水」と銘打った採水施設がある。
農産物や漬物などを販売する行者湧水直売所が併設されている。
  
柏原市清浄泉せいじょうせん柏原市
太平寺2丁目
空海がこの地を訪れて、この井戸を掘り起こし、付近の住民や農作物を干ばつから救ったとの言い伝えがある。
市教委による水質検査の実施(府指定であるが費用は市負担、年6回実施)。 
東大阪市龍の口霊泉たつのくちれいせん東大阪市
善根寺町
 
行政による水質検査の実施 
東大阪市興法寺湧水こうほうじゆうすい東大阪市
上石切町
 
行政による水質検査の実施 
東大阪市弘法の水こうぼうのみず東大阪市
東豊浦町
 
行政による水質検査の実施 
東大阪市鳴川谷涌水なるかわだにゆうすい東大阪市
上四条町
 
行政による水質検査の実施 
四條畷市照涌大井戸てるわきおおいど四條畷市
下田原
弘法大師にお茶を差し上げたお礼に教えてもらった水源という伝説がある。
歴史保存会で保全 
交野市蟹川の泉かにがわのいずみ交野市
東倉治3丁目
地下6メートルから湧き出ている水温15程度の湧き水。
「末期の水」と言われており、あの世からのお迎えが来る時に、家の者が桶を持ってくみに来たと伝えられる。
  
豊能町高山マリアの泉高山まりあのいずみ豊能町
高山
府道4号沿いに湧き出す水