本文へジャンプ

環境省 > 水・土壌・地盤環境の保全 > 閉鎖性海域対策 > 閉鎖性海域ネット
 > 近畿/中国/四国 > 瀬戸内海 > せとうちネット > 瀬戸内海とわたしたち
 > chapter4 > 体験学習コーナー > 干潟(ひがた)の観察に出かけよう

ここから本文

干潟の観察に出かけよう

干潟(ひがた)の観察に出かけよう

 干潟の機能やそこに見られる生物については、Chapter3 藻場と干潟でご説明しました。ここでは、実際に干潟に観察に行くための準備や生きものの観察方法等についてご説明します。
 海と陸地の接点にある干潟は、潮汐、波浪、淡水流入等により生きものにとっては厳しい環境にあります。しかし、それらに適応した底生生物、塩性植物などが見られ、それらを餌や住みかとする鳥類が多く見られる場所でもあります。
 これらの生きものたちが、干潟のどんな場所に生息しているのか、どんな行動をしているのか、実際に足を運んで観察してみましょう。

 

 1.干潟に出る準備(その1)

 準備としては基本的に磯に行くときと同じですが、干潟にいる生物を調べるためには次のような準備をして出かけましょう。

1.1 目標

 何をどのように調べるのか目標を立てます。
 そのためには、どんな方法で調べるのが良いのかについて、本やインターネット等で調べましょう。
 最初は、あまり難しいことを考えず、まずそこに行ってみて、どんな場所か、どんな生きものがいるかをおおまかに見て来た後で、具体的な目標を立てるのがいいでしょう。

1.2 記録

 観察したことは必ず記録しておくようにしましょう。ポケットに入るくらいの小型のノート類(野帳といいます)、シャープペンシル(鉛筆)が必要です。ぬれても破れない紙(耐水紙といいます)で出来た小型のノート(レベルブック;通常紙と耐水紙の2種類ありますので注意)も市販されています。
 記録しておくこととしては、日付、観察時間、天気、可能であれば気温や水温、観察者の名前、そして目標とした生きものの観察結果などです。日付は年も忘れずに記録しておきましょう。

1.3 地図や資料

 調べに行く所の地形図があれば、大きな範囲で見て、どのような地形の所に行くのか見ておきましょう。

 また、近くに自然博物館などがあれば、該当する所や付近の資料(過去に調べた結果、その地域の一般的な生物の解説書など)を購入しておけば便利です。そのほかに、最近では博物館や研究会、そして個人での観察結果をインターネット上に公開されている方が多くいます。そうしたページを参考にするのもいいでしょう。

1.4 潮位(海面の高さ)

 観察や採集は、潮が引いていないときでも出来る場所や種類はいますが、潮が引いた干潮のときに多くの生き物を見ることが出来ます。ですから、観察や採集に出かける前には必ずその日の干潮の時刻がいつなのか調べておくことが必要です。

 観察には、潮が最も良く引く大潮の日が良いでしょう。大潮といっても、春から夏の大潮は昼間の方が良く引きますが、秋から冬にかけては、大潮であっても昼間はあまり潮が引かず、夜の方が良く引きます。

 観察当日のおよその干潮、満潮の時刻は、新聞の天気予報欄などに載っています。代表的な場所の時刻ですから、満潮、干潮の時刻には少しずれがあります。場所によって異なりますが、最干時刻(最も潮が引く時刻)の2〜3時間前には現地に行って準備を始めましょう。

 

前のページ次のページ

-->