本文へジャンプ

環境省 > 水・土壌・地盤環境の保全 > 閉鎖性海域対策 > 閉鎖性海域ネット
 > 近畿/中国/四国 > 瀬戸内海 > せとうちネット > 瀬戸内海とわたしたち
 > chapter4 > 体験学習コーナー > 生きものの飼育と標本の作り方

ここから本文
生きものの飼育と標本の作り方

海辺に住む生物を採集し飼育したり、標本作りをすることは、海やそこに住む生物に親しみを持つための第一歩です。難しい技術を必要とするものもありますが、簡単なところから始めてみましょう。

 1.採集する

1.1 採集するときは

 採集するときは 海辺に住む生物を手で拾い上げたり、網ですくったり。いろいろな採集物を抱えて家に帰ると、どこで採ったものか、どんな様子でいたものか、後からその整理が大変です。採集したときのメモを残しておくと参考になります。

 耐水紙という水にぬれても破れない特殊な用紙が市販されていますので、使いやすい大きさにカットして海に持って行くと便利でしょう。また、耐水紙製で手帳サイズのレベルブックも市販されていますので、文房具店などで手に入れることが出来ます。こういったものを鉛筆と一緒にポケットなどに入れておきましょう。

  では、採集時にどんなことをメモすれば良いのでしょうか?特に決まった形はなく、気の付いたことをどんどんメモしていけば良いのですが、次のようなことを参考にしてみてはどうでしょうか。

チェック採集地

 

チェック採集年月日

 

チェック採集場所

 砂浜とか岩場の潮だまりとか、生物の生息していた場所です。また、「波のしぶきがかかるような所」とか、「ひざくらいの深さの所」といった深さも記録しておくと良いでしょう。

チェック採集方法

 「網ですくった」とか、「拾った」といった生物を採集した方法です。

チェック密度(量)

 決まった面積の中にどれくらい生息しているか。正確に数えられない場合は、「非常に多い」とか、「海底をほとんどおおうほど」といった表し方で記録する方法もあります。

チェック周辺の生物との関係

 生物の中には単独で生活する種類もいますが、ある種のイソギンチャクのように決まった生物の上に付着して生活する種類もいますので、生物相互の関係も観察し記録しておくと、新しい発見があるかも知れません。

チェックスケッチ

 採集時には生きていて美しい色彩であったものが、死んでしまうと色がくすんでしまったりすることがよくあります。簡単なスケッチを残したり、写真に撮ったりすると、後から記憶に頼らなくても良いので便利です。

 

前のページ次のページ