本文へジャンプ

環境省 > 水・土壌・地盤環境の保全 > 閉鎖性海域対策 > 閉鎖性海域ネット
 > 近畿/中国/四国 > 瀬戸内海 > せとうちネット > 瀬戸内海とわたしたち
 > chapter4 > 体験学習コーナー > 磯(いそ)の観察に出かけよう

ここから本文

磯の観察に出かけよう

磯(いそ)の観察に出かけよう

 海辺の後背地が山地になっている海岸には、岩盤や大きな岩石が露出した磯と礫や砂が堆積した浜が交互に現れます。これらの場所では立体的な構造とさらに細かな隙間やひさしなどの細かな地形があり、それぞれの地形に応じて多くの生物が住んでいます。平らな砂浜では砂浜表面かあるいはもぐって住むことしか出来ませんが、磯浜では動かない安定した岩礁に付着して生活する動物が多く、海藻類も多く付着しており、その間にも多くの小さな生物が住んでいます。

 瀬戸内海は外海とは異なり、大きな岩礁域はありませんが、700余りの多くの島々があり、これらの間を流れる潮流や、河川水の流入による塩分の低下、冬季の水温低下などの環境により外海域とは異なった生物相を示しています。また、瀬戸内海は干潮と満潮の潮位差が大きく、平均潮位差は備讃瀬戸より西側で3〜4m、東側で1〜3mあります。 潮が引いたときの磯に出て、どのような生物がいて、どのような生活をしているか調べてみませんか?

 潮が引いたときに活動を始める生物もいますが、磯に付着している生物の多くは潮が満ちている時に活動をします。水にもぐらないで生物を見るためには潮が引かないと見ることができませんが、そのときには岩礁の間に出来た潮だまり(タイドプールと言います)を覗いてみましょう。手(触手)を広げたイソギンチャク類や、身体全体を膜(外套膜)ですっぽり包んで、ちょっと見ただけでは殻を持った巻貝とは見えないブドウガイなどが這(は)っているところを見ることが出来ます。

 1.磯に出る準備(その1)

 磯にいる生物を調べるためには次のような準備をして出かけましょう。

1.1 目標

 何をどのように調べるのか目標を立てます。

 例えば、最初は、どこに、どんな生物が、どのように住んでいるかを調べるのが良いでしょう。同じ所でも何度か行くうちに、見落としている生物、いつ行ってもすぐ見つかる生物などが分かります。慣れてくれば、違う場所ではどう違うのか、それはなぜ違うのか、といったことに疑問が出てきます。

1.2 記録

 観察したことは記録しておくようにしましょう。ポケットに入るくらいの小型のノート類(野帳と言います)、シャープペンシル(鉛筆)が必要です。ぬれても破れない紙(耐水紙と言います)で出来た小型のノート(レベルブック;通常紙と耐水紙の2種類ありますので注意)も市販されています。

1.3 地形図

 調べに行く所の地形図があれば、大きな範囲で見て、どのような地形の所に行くのか見ておきましょう。

 地形図は大きな本屋さんがあれば、国土地理院が発行している2万5千分の1の地形図が市販されています(検索図でその場所の地名、番号を調べます)。

1.4 資料

 また、近くに自然博物館などがあれば、機会があるときに行って、該当する所や付近の資料(過去に調べた結果、その地域の一般的な磯生物の解説書など)を購入しておけば便利です。

1.5 潮位(海面の高さ)

 海辺の採集、観察は潮が引いていない時でも出来る場所や種類はいますが、生物が多く住んでいて、陸上から見ることが出来るのは潮が引いた干潮のときです。ですから、採集、観察に出かける前には必ずその日の干潮の時刻がいつなのか調べておくことが必要です。

 潮の満ち引きは地球の自転と、太陽の周りを回る公転及び月と太陽の引力によって起こります。最も大きな力は太陽に比べずっと近い所にある月の引力で、月と面している所では引力により海面が引っ張られて高くなります。これと反対側の所もこれは遠心力によりやはり高くなります。海面が低くなる所は、これらと直角の方向の所になります。地球は1日に1回自転しますから、満潮と干潮は1日にほぼ2回繰り返します。干潮と満潮の時刻は毎日同じではなく、少しずつずれて行きます。これは、月が地球の周りを1回りするのにかかる日数がおよそ27.3日で、引力が最も大きくなる位置に来る時刻が少しずつ遅れて来るからです。このため、満潮、干潮の時刻は1日におよそ50分ずつ遅れることになり、2週間後にほぼ同じ時刻に満潮、干潮が現れます。

 当日のおよその干潮、満潮の時刻を知りたい場合は、新聞の天気予報欄に載っています。代表的な場所の時刻ですから、満潮、干潮の時刻には少しずれがあります。そのほかに、釣り具屋さんのレジのそばに近くの釣り場の港における潮位表を普通では無料で置いてありますから、これで行く場所に最も近い所を見れば、月毎あるいは半年から1年分の時刻が分かります。もっと詳しく知りたい場合は、日本全国の標準港における1年間分の潮位を計算により求めた表が海上保安庁と気象庁より発行、市販(約3,000円)されています。

前のページ次のページ