本文へジャンプ

環境省 > 水・土壌・地盤環境の保全 > 閉鎖性海域対策 > 閉鎖性海域ネット
 > 近畿/中国/四国 > 瀬戸内海 > せとうちネット > 瀬戸内海とわたしたち
 > chapter1 > 危険な生き物 > ハオコゼ

ここから本文

ハオコゼ


写真:ハオコゼ

【特徴・習性】

 体長10cm程度で藻場や岩場に広く生息しています。

 背びれの棘(とげ)に毒腺を持っており、刺されると軽い痛みの後、数時間痛み続けますがオニオコゼほどではありません。防波堤などからの釣りでカサゴなどに混じって釣れるため、うっかり触ってしまい刺されることが多いようです。

【対処法】

 釣りなどで釣れた場合は素手で触らず、糸を切って捨てるのが無難でしょう。

 刺された場合は、まず傷口から毒を吸い出すか絞り出した後、火傷しない程度のお湯で毒を不活化します。軽傷の場合は数時間で痛みは消えますが、症状が長引くときは医師の治療を受けた方が良いでしょう。