平成15年6月2日
地球環境

加藤登紀子国連環境計画(UNEP)親善大使ウズベキスタン共和国及びキルギス共和国訪問の結果について

国連環境計画(UNEP)親善大使の加藤登紀子さんがウズベキスタン共和国及びキルギス共和国に訪問されましたので、その概要についてお知らせいたします。

1. 結果概要

 様々な文明の接点であり、日本とも歴史的な関わりをもつ中央アジアのウズベキスタン共和国とキルギス共和国をUNEP親善大使として訪問し、環境破壊の進むアラル海、天山山脈に隠された幻の湖・イシククル湖、両国の環境教育プログラムを視察するとともに関係者を激励した。また、両国において、環境をテーマとするミニシンポジウムとコンサートを開催し、音楽を通じたメッセージを発信すると共にマスコミを通じて広報した。

 いずれの訪問先でも歓迎され、また現地の新聞のトップをかざるなど、加藤登紀子さんの訪問は日本及びUNEPへの両国民の関心を集め、親善大使としての役割を果たした。

2. 日程

  平成15年5月13日(火)〜5月24日(土)(12日間)

3. 主な視察訪問先及びコンサート概要

(1) ウズベキスタン共和国
  (視察等)
 アラル海(沿岸のムイナク町及び上空より視察)
 NGO「BIOECOSAN」(バイオエコサン)の環境教育プログラム
 「アラル海に捧げるコンサート」にゲスト出演

(行政関係者)
 環境保全委員会 アリハーノフ第一副議長 
 文化省 クルバーノフ大臣
 カラカルパクスタン自治共和国大臣会議 クディルニヤーゾフ第一副議長
 カラカルパクスタン自治共和国環境保全委員会 レイモフ議長
 ムイナク地方 トゥルシンベーコフ地区長
 在ウズベキスタン共和国日本大使館 河東大使

(ミニシンポジウム及びコンサート)
 日時:平成15年5月17日 
 場所:ナボイ劇場(第二次世界大戦後、日本人抑留者が建設した劇場)
 
(2) キルギス共和国
  (視察)
 イシククル湖(沿岸及び船上より視察)
 「第70番学校」の環境教育授業

(行政関係者)
 イブライモフ 国務長官
 環境緊急事態省 チュルマセフ大臣
 教育文化省 ボルジュロバ大臣
 キルギス環境基金 ボコンバエフ総裁(元キルギス環境大臣)
 環境緊急事態省イシククル州環境保全局 サルマキエフ局長
 在キルギス共和国日本大使館 渡辺臨時代理大使
 
(ミニシンポジウム及びコンサート)
 日時:平成15年5月21日 
 場所:オペラ・バレエ劇場
  

加藤登紀子UNEP親善大使の所感

  広い畑、雪におおわれた天山山脈、夕陽の中で家族が木のベンチに集い、馬やろばや牛が家に帰ってくるころの人々の姿が一枚ずつ童話の中の世界のように心に焼きついています。

 しかし、ウズベキスタンには、水が干上がって面積が1960年のころの3分の1になってしまったというアラル海の悩みがあり、またキルギスの幻のように美しいイシククル湖の沿岸では、地球の温暖化のために氷河がじわじわと解け出し、あちこちに地すべりの危険がせまっているという話を聞きました。

 元気いっぱいに笑顔を見せてくれる子供の素晴らしさの前で、こんな事態をつくり出してきた私たち大人は、正直に謝らなければなりませんよね。

※ 詳細については、下記にお問い合わせ下さい。
  株式会社 トキコ・プランニング
 〒151−0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5−16−10−1001
 TEL 03-3352-3875  FAX 03-3352-1812
 E-mail:tokiko@tokiko.com   Web site:http://www.tokiko.com

添付資料

連絡先
環境省地球環境局総務課
課長   : 白石 順一(6710)
 調査官  : 塚本 瑞天(6720)
 課長補佐: 松永 龍児(6725)
 担当   : 武末 宏和(6724)