令和3年7月24日

G20環境大臣会合及び気候・エネルギー大臣会合の結果について(速報版)

令和3年7月22日(木)及び23日(金)にイタリア・ナポリで開催された、G20環境大臣会合及び気候・エネルギー大臣会合の結果を以下のとおりお知らせします。なお、気候・エネルギー大臣会合におけるコミュニケ及び小泉大臣発言内容は、後日追ってお知らせします。

会合では、イタリアが議長を務め、22日の環境大臣会合において自然環境や海洋プラスチックごみ、循環経済について、23日の気候・エネルギー大臣会合において持続可能な復興とエネルギー移行等について、それぞれ議論を行い、コミュニケ(共同声明)をとりまとめました。

我が国からは、小泉環境大臣等が出席しました。

1 会合の概要

(1)日時

令和3年7月22日(木)10:00~18:00(現地時間)環境大臣会合

令和3年7月23日(金)9:00~17:10(現地時間)気候・エネルギー大臣会合

(2)場所

 イタリア・ナポリ 王宮

(3)出席者等

議長:イタリア ロベルト・チンゴラーニ エコロジー移行大臣

参加国:G20各国、及び招聘国3カ国の環境大臣等

(G20)日本、イタリア、カナダ、ドイツ、フランス、英国、米国、EU、アルゼンチン、豪州、ブラジル、中国、インド、インドネシア、メキシコ、ロシア、南アフリカ、サウジアラビア、韓国、トルコ

(招聘国)オランダ、シンガポール、スペイン

日本からは、小泉環境大臣、鷲尾外務副大臣、長坂経済産業副大臣が出席。

2 会合の成果

1.G20環境大臣会合コミュニケ(原文・仮訳)(別紙1)

2.G20気候・エネルギー大臣会合コミュニケ(原文・仮訳)(別紙2)

がとりまとめられた。

原文は、以下ウェブサイト参照

https://www.g20.org/

3 議題

 環境大臣会合

  1. 自然資本(Natural Capital to Protect and Manage

  2. 資源利用(Joint Efforts for Sustainable and Circular Resource Use

 気候・エネルギー大臣会合

  1. 都市(Cities and Climate Action

  2. 持続可能な復興とエネルギー移行(Sustainable Recovery and Clean Energy Transition

 会合における小泉大臣の発言内容は別紙3を参照。

4 その他

  • 会合に合わせ、以下の各国大臣等とバイ会談を実施した。

    • 米国 リーガン環境保護庁(EPA)長官

    • EU ティマーマンス副委員長

    • 米国 ケリー気候特使

    • EU シンケビチウス環境委員

添付資料

連絡先

環境省地球環境局国際連携課

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8243
  • 課長大井通博(内線 6760)
  • 課長補佐野本卓也(内線 7782)
  • 課長補佐尼子直輝(内線 7760)
  • 係長大原誠剛(内線 6722)

環境省地球環境局国際連携課国際協力・環境インフラ戦略室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8248
  • 室長杉本留三(内線 6765)