株式会社ルートレック・ネットワークス

AI潅水施肥システムで農業の生産性向上、環境保全に貢献

株式会社ルートレック・ネットワークス(以下、同社)は、2005年の創業以来、M2M(Machine to Machine)及びIoT技術の研究開発を行い、産業機器やヘルスケア機器といった様々な業界にソリューションを提供してきた。2010年、総務省の事業を通じて農業と出会い、それまで培ってきた技術に最新の無線技術を加えて「農業の見える化」を実現した。さらに2013年、「見える化」のその先にある分析・予測・実行までを自律的に行う機能を搭載したAI潅水施肥システム「ゼロアグリ」の販売を開始した。近年は、農業生産者が安心して「ゼロアグリ」を導入できる環境整備に注力し、IoTを活用したスマート農業の普及に貢献している。

同社の特徴ポイント

  1. 1.農業生産において最も経験と勘が必要な「潅水と施肥」を自律的に調整・供給するAI潅水施肥システム「ゼロアグリ」を販売
  2. 2.パイプハウスにおける養液土耕栽培にターゲットを絞り、自治体と連携してサービス展開を推進
  3. 3.国内の地域の農業ノウハウを標準化・ブランド化し、アジアに展開することを目指す