株式会社小松製作所

ドローン・IoT技術を活用し生産性を向上、持続可能な一次産業へ

株式会社小松製作所(以下、同社)は林業機械の生産・販売事業を行っている。近年では、林業のスマート化を進めるべく、ドローンやIoT技術を用いた各種システム・サービスの提供を開始、林業サプライチェーンの見える化を実現し始めた。現在、ドローン空撮による森林情報や林業機械の造材報告の集積を進めている。植林、育成、伐採、搬出、運送、加工、販売といった林業のサプライチェーン全般の情報をつなぎ合わせることで、林業事業を拡大しながら、林業の生産性向上や持続可能な林業の実現に貢献することを目指す。

同社の特徴ポイント

  1. 1.ドローンやIoT林業機械等の導入により、林業サプライチェーン(造林から伐採・搬出・運搬・搬入・利用など)の見える化を実現
  2. 2.建設業界で培ったICTシステムや情報プラットフォームを林業分野で活用することで、質の高いサービスの提供の水平展開を実現
  3. 3.サプライチェーンの川上情報(林業事業に必要な森林データ)のシェアを握ることにより、既存事業である川下領域(林業機械販売)の売上拡大を目指す