アセントロボティクス株式会社

人間のように考える自動運転AIソフトウェアで社会課題を解決

アセントロボティクス株式会社(以下、同社)は、自動運転車と産業用ロボットを対象とした革新的なAIソフトウェアの開発を行う東京発のAI・ロボティクス企業である。2016年の創業以来、世界中からトップレベルのAI技術者が集結し、多くのOEMメーカーと協業を進めている。汎用的なAI学習アルゴリズムの構築を目指し、理論神経科学と最先端の深層強化学習を活用し、“人間らしく”、さらには“人間より優れている”をコンセプトにロボット学習の研究を行っている。クルマに知性を与え、人間のように考える自動運転車の実現を目指している。自動運転車の実現により、働き手が不足している地域や買い物難民が多い地域の創生に寄与したり、効率的な交通システムの実現によってCO2を削減したりと、様々な社会課題の解決に役立つことが期待される。

同社の特徴ポイント

  1. 1.自動車に理解・判断させる「自律型」自動運転向けAIソフトウェアを開発。創業時より、人間の海馬に着目、理論神経学をベースとするロボティクス学習を研究
  2. 2.AIが作り出した仮想空間でAIが学習するというシミュレータ環境を構築。現実で起きることより幅広い問題や状況をAIに経験させ、現実世界より学習スピードが飛躍的に向上
  3. 3.自動運転車を実現するほか、産業用ロボットなどの業界向けにAIシミュレータ学習環境をサービスとして提供するなど、収益源を多様化