株式会社クボタ(大阪府)

微生物処理と膜ろ過装置を組み合わせた新たな排水処理技術を開発

株式会社クボタ(以下、同社)は、農業機械事業、水環境事業等を国内外で展開している企業である。水環境事業については、水道管やポンプなどの製造販売や、水処理施設のエンジニアリング及びメンテナンスなど、水に関する総合的なサービスを提供している。同社は、微生物による浄化と、膜による固液分離を組み合わせた「膜分離活性汚泥法(MBR:Membrane Bio Reactor)」という排水処理技術を1986年から開発、現在では、世界各地で発生する水不足や水質汚染の問題解決に貢献している。

同社の特徴ポイント

  1. 1.微生物処理と膜ろ過装置を組み合わせた新たな排水処理技術を開発
  2. 2.微生物及び膜ろ過装置の機能を最大限に引き出すことを主眼に置いた研究開発
  3. 3.顧客に対する充実した技術サポートを通じた国内外での更なる事業拡大