グリーン購入法

環境省総合環境政策グリーン購入法参考資料>取組支援(令和2年度)

取組支援(令和2年度)

令和2年度

団体名 郡山市(福島県)
支援を受ける背景 郡山市は、自ら率先して環境への負荷の低減に努めることを目的として、平成10年に「環境にやさしい郡山市率先行動計画」を策定し、平成14年にグリーン購入の推進を含む計画とするための改定を行い、グリーン購入を進めてきた。 市の事務・事業に伴う温室効果ガス排出量は、減少傾向にあるが、国の地球温暖化対策計画の目標達成には、更なる削減が必要となるため、「環境配慮契約の推進」を次期計画に盛り込むとともに、その契約方針を策定して、即時的な気候変動対策の実践を希望していた。また、実績の把握については、各施設への照会や集計等に係る事務が増えることから、効率的かつ効果的な手法を構築する必要があった。
支援内容 ・環境配慮契約方針の新規策定
・グリーン購入調達方針の見直し
・調達実績を把握するための手法の構築
成果物 郡山市環境物品等の調達方針[PDF1,089KB]

 

団体名 栃木市(栃木県)
支援を受ける背景 栃木市は、グリーン購入を「地球温暖化対策実行計画(事務事業編)」の一部として庁内へ周知しているが、購入調達方針を定めておらず、調達実績も把握していないため、職員の理解・意識が十分ではなかった。そのため、グリーン購入調達方針を策定し、取組を維持継続できる仕組みの構築が必要であった。
支援内容 ・グリーン購入調達方針の新規策定
・調達実績を把握するための手法の構築・導入
・他の部署・担当者に周知するための手引書の作成
・職員向け説明資料の作成、説明会の実施
成果物 栃木市グリーン購入調達方針 [1,765KB]

 

団体名 川越市(埼玉県)
支援を受ける背景 川越市は、グリーン購入調達方針や職員向けの手引きを策定しておらず、全庁的なグリーン購入の取組方法や推進体制等がまとめられていない状況であった。調達方針等の策定に関するノウハウが無いため、支援を受けて調達方針等を策定し、グリーン購入の取組の実効性を高めることで、職員の環境に対する意識の向上を図り、環境配慮の取組を強化していくことを希望していた。
支援内容 ・川越市グリーン購入基本方針の新規策定
・川越市グリーン購入ガイドラインの新規策定
成果物 川越市グリーン購入基本方針 [148KB]
川越市グリーン購入ガイドライン [1,437KB]

 

団体名 光市(山口県)
支援を受ける背景 光市は、「第2次光市環境基本計画」や「光市エコオフィスプラン(第3期)」(地方公共団体実行計画(事務事業編))でグリーン購入を推進しているが、調達に特化した具体的な指針等がないため、グリーン購入を実施しているのは特定部署の一部品目にとどまっていた。また、「光市エコオフィスプラン)第1期」では、財政課で一括購入する品目(紙、トイレットペーパー、はがき等)の合計金額から、グリーン購入に該当する品目の割合を集計していたが、調達実績の集計の負担等から、第2期以降は集計しなくなっていた。
組織的にグリーン購入を推進するために、グリーン購入の分かりやすい調達基準を作成し、全庁への周知を図ることを希望していた。
支援内容 ・グリーン購入調達方針の策定に向けた検討
成果物 グリーン購入調達方針の策定に向けた実態把握と職員の啓発に係る支援 [PDF173KB]

 

団体名 古賀市(福岡県)
支援を受ける背景 古賀市は、平成15年度にグリーン購入基本方針を策定し、平成23年度に見直しを行って以降、各年度の方針は決定してきたものの、きちんとした見直しが行われていない状態であった。また、グリーン購入の意識については各課に浸透してきたものの、各課職員からは、実際の購入の際にどうしたらよいか迷う声も聞かれていた。そのため、現状に合ったグリーン購入購入基本方針に見直すとともに、各課の購入担当者に分かりやすく、使いやすいグリーン購入の周知方法を研究することで、更なるグリーン購入の促進を図ることを希望していた。
支援内容 ・グリーン購入基本方針・調達方針の見直し
・他の部署・担当者に周知する手法の研究
成果物 古賀市グリーン購入基本方針(案) [PDF158KB]
令和3年度古賀市グリーン購入ガイドライン(古賀市グリーン購入調達方針)(案) [PDF1,322KB]