未来に引き継ぐ大自然 国立公園

妙高戸隠連山妙高戸隠連山国立公園

トップへ
ここから本文です。

戸隠「山岳信仰の地」コース

戸隠「山岳信仰の地」コースの写真
タイプ
ハイキング
所要時間
2時間
距離
5.6 km
パワースポット戸隠で、山岳信仰息づく風景と人々の暮らしを巡る。

コース概要

標高1,200 mの高原に広がる戸隠は、平安時代にさかのぼる山岳信仰の地で、パワースポットとして知られています。山岳信仰息づく戸隠神社、萱葺き屋根の宿坊が並ぶ町並み、山の恵みや雪の多さを活かして営まれてきた暮らしを体感するコースです。

また、峻厳な戸隠連峰の裾野に広がる高原は、戸隠森林植物園に見られるように、山から流れる清き水がはぐくんだ潤いある自然に満ちています。鏡池から戸隠連峰を眺めれば、「天岩戸(あまのいわと)開き伝説」をはじめとする歴史のいぶきや、人々が山に寄せてきた想いに癒されます。

散策の合間に、日本三大そばにも数えられる「ぼっち盛」の戸隠そばを食べたり、竹細工体験や戸隠流忍術由来の忍者体験がおすすめです。

見どころ

戸隠神社奥社の隋神門と杉並木
戸隠神社奥社の隋神門と杉並木の写真

随神門をくぐり、杉並木へ…

奥社へ続く約2キロの参道は、天然林と樹齢400年以上の杉並木に守られています。戦国時代の争いで荒廃した当地に、江戸時代の武将が寄進したものと言われます。萱葺き屋根の「随神門」をくぐり、荘厳かつやさしい杉並木に出会うとき、多くの人が「わあっ」と声をあげます。この場所で深呼吸をし、400年の歳月を感じてみませんか。

戸隠神社中社と重要伝統的建造物群保存地区
戸隠神社中社と重要伝統的建造物群保存地区の写真

萱葺き屋根の宿坊

戸隠神社中社周辺は萱葺き屋根の宿坊が並ぶ、国の「重要伝統的建造物群保存地区」です。宿坊は戸隠神社の参拝者受入れのために構えられ、一軒一軒が戸隠神社に連なる神職。多くが旅館として営まれているので、宿泊して貴重な体験を。歴史ある町並みの中、土産物屋や蕎麦屋をのぞきながら、ぶらぶら歩きをお楽しみ下さい。

江戸時代から続く戸隠の伝統工芸、竹細工
江戸時代から続く戸隠の伝統工芸、竹細工の写真

竹細工と戸隠そば

深い山に育ち、雪の重さに曲がるため「根曲がり竹」と呼ばれる細い竹(チシマザサ)は、そのしなやかさから竹細工に用いられてきました。使うほどに飴色となる用の美そのもの、そして「ワイズユース」の代表格です。そばざるや美しい目の籠など、一生モノとの出会いにご期待ください。竹細工体験は奥社近くの戸隠竹細工センターへ(5~11月)。

コースマップ

戸隠「山岳信仰の地」コース周辺

コースタイム

スタート
1
八十二森のまなびや
25分
1.7 km
2
隋神門
35分
1.4 km
3
鏡池
45分
2 km
4
小鳥ヶ池
15分
0.5 km
5
戸隠神社 中社
ゴール
※コースタイムや距離は目安です。