未来に引き継ぐ大自然 国立公園

妙高戸隠連山妙高戸隠連山国立公園

トップへ
ここから本文です。

妙高「湯巡り滝巡り」コース

妙高「湯巡り滝巡り」コースの写真
タイプ
ハイキング 温泉
所要時間
5時間20分
距離
19 km
6つの温泉地を巡りながら3つの滝と郷土料理を満喫!

コース概要

日本百名山「妙高山」の麓で、湯巡りと滝めぐりを楽しむ潤いたっぷりのコースです。白い濁り湯の「1.燕温泉」と赤い湯の「2.関温泉」は、“紅白の湯”とも言われます。燕(つばめ)温泉近くには「惣滝」が、関温泉近くには眼病予防に良いとされる不動尊が祭られた「不動滝」があります。「3.赤倉温泉」「4.新赤倉温泉」「5.池の平温泉」「6.杉野沢温泉」と、多様な泉質を持つ6つの温泉地を徒歩かバスで巡り、苗名滝を目指します。いもり池には、池越しに妙高山を望む遊歩道やベンチ、ビジターセンターや飲食店もあって休憩にぴったり。また、グリーンシーズンに利用できるゴンドラもコース途中にあるので、ぜひ空中散歩を。温泉宿に泊まってのんびりするのもおすすめです。

見どころ

燕温泉の野天風呂と、日本の滝百選「惣滝」
燕温泉の野天風呂と、日本の滝百選「惣滝」の写真

黄金の湯(燕温泉)

初夏にツバメが飛び交い、四季折々の大自然に恵まれています。温泉街から徒歩15分ほどの場所に野趣あふれる野天風呂「黄金の湯」と「河原の湯」があり、自然の中でリラックスして温泉を楽しめます。どちらも脱衣所を備えていますが「河原の湯」のみ混浴なのでご注意を。山道を少し歩くと日本の滝百選に選ばれた「惣滝」を見ることもできます。
※野天風呂は5月上旬から11月上旬まで(入浴無料)。

歴史ある温泉街、赤倉温泉
歴史ある温泉街、赤倉温泉の写真

湯と花の公苑(赤倉温泉)の寝ころび湯(左)と手湯(右)

開湯200年を迎えた「赤倉温泉」。2つの泉質を併せ持つ貴重な名湯で、妙高山より引湯した源泉は無色透明です。「足湯公園」や「湯と花の公苑(足湯・手湯)」では、服を脱がずに、また男女一緒に温泉をわいわいと楽しめます。豊富な地酒を扱う土産店や温泉まんじゅう専門店、郷土の味を楽しめる飲食店が軒を連ねています。
※足湯公園と湯と花の公苑は無料。また、足湯公園は4月下旬から11月上旬まで。

日本の滝百選「苗名滝」
日本の滝百選「苗名滝」の写真

吊橋や展望台で、マイナスイオンを浴びよう!

長野県との県境、関川上流にある「日本の滝百選」に選ばれている滝。落差55 m、およそビル20階に相当する高さから怒涛のごとく流れ落ちる様は迫力満点です。滝に近づくにつれ地響きがするため、別名「地震滝」とも呼ばれています。散策起点には流しそうめんを味わえる食堂や、濃厚ソフトクリームが名物のカフェがあります。

コースマップ

妙高「湯巡り滝巡り」コース周辺

コースタイム

スタート
1
燕温泉
20分
0.8 km
2
惣滝(展望台)
45分
3.6 km
3
関温泉
65分
3.7 km
4
赤倉温泉
10分
0.9 km
5
新赤倉温泉
40分
2.8 km
6
池の平温泉
15分
0.8 km
7
いもり池
60分
3 km
8
杉野沢温泉
65分
3.4 km
9
苗名滝
ゴール
※コースタイムや距離は目安です。