未来に引き継ぐ大自然 国立公園

妙高戸隠連山妙高戸隠連山国立公園

トップへ
ここから本文です。

火打山「ライチョウと絶景」コース

火打山「ライチョウと絶景」コースの写真
タイプ
登山
所要時間
1泊2日
距離
25 km
日本固有種「ニホンライチョウ」と「地上の楽園」に出会う。

コース概要

日本百名山として名高い、標高2,462 mの火打山。当コースは急なところが少なく、歩きやすい山道です。黒沢池を通過し、茶臼山への登りでは(妙高山を背景に)黒沢池に広がる池塘(ちとう)が一望できます。高谷池に到着したら「地上の楽園」とも呼ばれる見事な眺望を楽しみながらゆっくり体を休めましょう。そこから木道が整備されたロックガーデンを歩いて山頂を目指します。天狗の庭では小さな花々が咲きほこる美しい湿原が目の前に広がります。山頂では妙高山を見下ろすことができ、運が良ければ天然記念物のライチョウを見ることもできます。山小屋に1泊して、のんびりと景色や動植物を楽しむのがおすすめです。下山後は、牧場や森林セラピーロードを有する爽やかな笹ヶ峰高原でおくつろぎください。
※しっかりとしたトレッキングシューズと雨具、飲み物など登山装備が必要です。

見どころ

天狗の庭とロックガーデン
天狗の庭とロックガーデンの写真

高山植物に彩られた岩の庭園

「日本の最も美しい場所31選」に選ばれている高谷池から、自然の癒やし空間・ロックガーデンを歩きます。目の前に火打山が顔を出し、振り返ると高谷池湿原を眺められる絶好のポイントです。湿原地帯の「天狗の庭」では雪解けにはハクサンコザクラ、盛夏にはワタスゲなどの植物が一面に花を咲かせ、とても美しい風景を楽しむことができます。

日本最北限に棲むライチョウ
日本最北限に棲むライチョウの写真

なわばりを見張るのは雄の役目

ニホンライチョウは日本固有の鳥であり、国の天然記念物です。
2,000 m以上の高山帯に生息し「神の鳥」と称されます。火打山は日本最北限の生息地で、日本で最も古いライチョウのルーツと考えられている貴重な個体群が生息しています。
産卵数は日本一で、およそ20~30羽が生息していると推測されています。運が良ければライチョウ平から山頂までで出会うことができます。

爽やかな笹ヶ峰高原
爽やかな笹ヶ峰高原の写真

ゆったりとした時間の流れる癒やしの高原

標高1,300 mに位置し、森林セラピーロードのある爽やかな笹ヶ峰高原。乙見湖からの「一目五山」の眺望、ドイツトウヒの林や平成の名水百選「宇棚(うだな)の清水」などを巡る散策を楽しめ、また放牧された牛たちがのんびり過ごす姿も見られます。総合案内施設グリーンハウス内のレストランは、笹ヶ峰で飼育された頸城(くびき)牛のジャンボステーキが名物です。
※5月上旬から10月下旬までの営業。

コースマップ

火打山「ライチョウと絶景」コース周辺

コースタイム

スタート
1
休暇村妙高 笹ヶ峰キャンプ場
170分
4 km
2
富士見平
50分
2 km
3
黒沢池
70分
2 km
4
高谷池
15分
0.8 km
5
天狗の庭
75分
2 km
6
火打山山頂
60分
2 km
7
天狗の庭
15分
0.8 km
8
高谷池
45分
1.7 km
9
富士見平
130分
4 km
10
休暇村妙高 笹ヶ峰キャンプ場
60分
3.6 km
11
宇棚の清水
60分
2.1 km
12
笹ヶ峰グリーンハウス
ゴール
※コースタイムや距離は目安です。