未来に引き継ぐ大自然 国立公園

妙高戸隠連山妙高戸隠連山国立公園

トップへ
ここから本文です。
“一目五山”と“雪月花”
妙高戸隠連山国立公園の魅力は、「里や高原から一望できる山々」と「湖沼・田園風景」の見事な共演!ポコポコ並ぶ火山群やギザギザの隆起の山など、大地の躍動感じる個性的な形の山が密集し、一目で五つもの山を一望できる「一目五山(ひとめござん)」の風景が、美しい湖沼や田園を前に雄大に広がります。また、豪雪や春の花々、豊かな森に棲む鳥たちなど、日本人の自然美礼賛の象徴である「雪月花」や「花鳥風月」という言葉がよく似合う、癒しの公園です。
“一目五山”と“雪月花”
山岳信仰息づく地
個性的な形の山々は、山そのものが信仰の対象となったり、地域の象徴として位置付けられたりと、いつの時代も人々の心に寄り添ってきました。
また、日本有数の豪雪地帯であり山深い当地は、美しくも厳しい自然と共存する知恵が育くまれてきました。公園内で見聞きする歴史的な町並みや神社仏閣・祭事・郷土食・伝統工芸・伝説などは、人々の“暮らし”そのもの。この公園を訪れた人は皆、この“暮らし”に心惹かれることでしょう。
山岳信仰息づく地
“日本一の遊学舎”を目指して
当公園は、日本一遊べ・日本一学べる“日本一の遊学舎(まなびや)”を目指しています。登山や自然散策、カヌー、スキーや雪遊び、伝統工芸や忍者体験など、大人から子供まで、お好みの体験を選んでお楽しみください。また、博物館へ足を運んだり、ガイドさんと一緒に自然の中を歩いたりと知的好奇心くすぐる遊び方をするのが、当公園を満喫するコツです。なお、北陸新幹線や高速道路からも近く、アクセスの良い国立公園でもあります。
“日本一の遊学舎”を目指して