未来に引き継ぐ大自然 国立公園

くじゅう阿蘇くじゅう国立公園

トップへ
ここから本文です。

中岳コース

中岳コースの写真
タイプ
登山
所要時間
5時間15分
距離
11 km
九州本土最高峰を目指す、くじゅう登山のゴールデンルート。

コース概要

標高1,330 mの牧ノ戸峠を出発し、気持ちの良い稜線歩きとくじゅう連山の核心部を楽しめます。くじゅう連山には、このコースの周辺に主峰が集まっていることから、体力や時間に余裕があれば、久住山や星生山、稲星山などに足を延ばすこともできます。

牧ノ戸峠から沓掛山までは、急な登りが25分ほど続きますが、沓掛山を過ぎると開けた主稜線歩きとなります。

コースから少しそれた扇ヶ鼻や星生山は、6月のミヤマキリシマや紅葉の鑑賞スポットでもあります。

広場状になった久住分れまで来ると、眼前に久住山が迫ります。水をたたえた御池(みいけ)を回りこみ、天狗ヶ城との吊尾根を歩けば、岩の重なった中岳山頂にたどり着きます。

見どころ

沓掛山からの稜線
沓掛山からの稜線の写真

紅葉が美しい稜線の様子

沓掛山という山の名は、九重山への信仰登山のおり、その安全を祈願して、履いてきたわらじを新しいわらじに履き替え、古いわらじを枝に掛けていたことが由来とされています。山頂からは、稜線伝いに扇ヶ鼻や星生山などの雄大なくじゅう連山の眺めと、広葉樹が広がる山肌が一望でき、高度感のある風景を楽しむことができます。

御池
御池の写真

豊かな水をたたえる御池

御池は夏にはエメラルドグリーンの池となります。西側にある火口跡の空池には全く水がないのですが、不思議なことに、空池よりも標高が高い位置にある御池には、涸れることのない水がたたえられているのです。冬には全面凍結し、ソリやスケートなどで楽しむ登山者もいます。

中岳からの眺望
中岳からの眺望の写真

山頂から眺める圧巻の景色

標高1,791 mの中岳は、九州本土の最高峰です。岩稜を有した山頂からは、坊ガツル湿原と平治岳・大船山の眺めが広がります。御池越しの久住山や星生山、稲星山など、くじゅう連山の主峰が織りなす景色は、くじゅうの奥座敷とも言える風景です。

コースマップ

中岳コース周辺

コースタイム

スタート
1
牧ノ戸登山口
25分
1 km
2
沓掛山
45分
1.5 km
3
扇ヶ鼻分岐
30分
1.5 km
4
久住分れ
45分
1 km
5
御池
25分
0.5 km
6
中岳
25分
0.5 km
7
御池
35分
1 km
8
久住分れ
30分
1.5 km
9
扇ヶ鼻分岐
40分
1.5 km
10
沓掛山
15分
1 km
11
牧ノ戸登山口
ゴール
※コースタイムや距離は目安です。