未来に引き継ぐ大自然 国立公園

くじゅう阿蘇くじゅう国立公園

トップへ
ここから本文です。

一目山・ミソコブシ山コース

一目山・ミソコブシ山コースの写真
タイプ
温泉 登山
所要時間
3時間35分
距離
8.5 km
広大な草原が続くなだらかな稜線を歩くハイキングルート。

コース概要

九重森林公園スキー場前の一目山登山口から登ります。一目山は全面草原の山で、毎年野焼きが行われるため草丈は短く、その中を真直ぐに登りつめます。約20分で山頂です。ここからいったん下り、ミソコブシ山方面へ、ススキなどの草原の稜線を歩いていきます。ミソコブシ山頂からは、くじゅう連山や阿蘇、涌蓋山(わいたさん)のすばらしい眺めが拡がります。ここから放牧の柵を越え牧草地に入ります。時には黒牛が草を食べていることもあります。ネザサの草原地帯を歩くと涌蓋山とひぜん湯への分岐に至ります。ここからは、大きな反射板のある石の塔を回り、少し急な斜面を下れば、ひぜん湯へ到着。登山の後の温泉が楽しめます。ここから筋湯の車道を歩き、一目山登山口まで緩やかな登りを歩いていきます。

見どころ

一目山
一目山の写真

頂上へ向かう道

毎年野焼きが行われるため草丈は短く、全面草原の綺麗な三角錐の山容の山です。ススキやササの中を一歩一歩踏みしめていくと、徐々に眺望が良くなってきます。猟師岳、黒岩山、そして頂上に着くと、くじゅうの山並みを見ることができます。

ミソコブシ山頂
ミソコブシ山頂の写真

山頂からの展望

ミソコブシ山は味噌を漉(こ)す籠を伏せたような形から、その名前がついたとされています。山頂から、足下に広がる一面の草原は絶景で、灌木が全くないため涌蓋山、阿蘇山、くじゅう連山の展望も楽しめます。

筋湯「うたせ湯」
筋湯「うたせ湯」の写真

湯が流れ落ちる、うたせ湯大浴場

筋湯温泉は、涌蓋山のふもと標高約1,000 mの山峡にある温泉郷です。共同浴場の「うたせ大浴場」は、2 mの高さから18本の湯が流れ落ち、「日本一の打たせ湯」として有名です。他にも、薬師湯、岩ん湯、足湯があり、登山や旅の疲れを癒してくれます。

コースマップ

一目山・ミソコブシ山コース周辺

コースタイム

スタート
1
一目山登山口
20分
0.7 km
2
一目山
70分
2.7 km
3
ミソコブシ山
10分
0.6 km
4
涌蓋山分岐
60分
2 km
5
ひぜん湯
15分
0.5 km
6
筋湯
40分
2 km
7
一目山登山口
ゴール
※コースタイムや距離は目安です。