未来に引き継ぐ大自然 国立公園

渡嘉敷・座間味慶良間諸島国立公園

トップへ
ここから本文です。

ホエールウォッチングコース

ホエールウォッチングコースの写真
タイプ
船 ホエールウォッチング
所要時間
距離
大迫力!クジラのダイナミックなパフォーマンスを見に行こう!

コース概要

海の国立公園「慶良間諸島国立公園」ならではの、ホエールウォッチングをご紹介します。慶良間諸島海域には、ザトウクジラが繁殖と育児のために毎年12月末から4月頃まで帰ってきます。クジラを見ることが出来る海域は一か所ではないので、季節になると毎日、座間味島の稲崎展望台や渡嘉敷島の照山展望台などから観測員がクジラを捜索し、ウォッチング船を誘導しています。波が高く、ウォッチング船が出ないときは、各島の展望台などからクジラを探してみてはいかがでしょう。

見どころ

船からのホエールウォッチング
船からのホエールウォッチングの写真

乗船風景

ザトウクジラは、体長13m~15m・体重約30トンにもなる哺乳動物です。胸ビレが長く、体長の約3分の1の長さからなり、尾ビレの幅も体長の約3分の1ほどあります。また、頭部にあるこぶしほどのコブも独特です。ホエールウォッチングをする船は、クジラから300mに近づくと減速し、100m以内では急な動きをしないようにする、ザトウクジラたちの行動を妨げないなどルールを決めて、ザトウクジラの繁殖海域を保護しています。

テールスラップ!
テールスラップ!の写真

ザトウクジラ

クジラはいろいろな動作を見せてくれます。有名なのはザトウクジラたちが息継ぎをするときに見られるブロー(高く上がる呼気)・豪快なジャンプ!ブリーチ!写真はテールスラップといって、海面上に高く持ち上げたテールを振り下ろして海面を叩きます。一度きりではなく、何度も繰り返す事が多く、腹を下側にしてする時も上側にしてする時もあります。こうしたザトウクジラたちの行動はまだ、解明されていないものも多いのです。

陸からのホエールウォッチング
陸からのホエールウォッチングの写真

稲崎展望台と照山展望台への遊歩道

海が荒れて船が出なかった・・。船は苦手・・。そんな場合は、陸からのホエールウォッチングはいかがでしょう。座間味村では稲崎展望台や高月山展望台、渡嘉敷村では照山展望台や見花原遊歩道などからクジラを探すことができます(距離が遠いので双眼鏡があった方がいいです)。冬は、歩くのに丁度よい気温で、2月ごろから花々も咲き始めますので、ホエールウォッチングと合わせて、のんびりとお散歩をするのもおすすめです。

コースマップ

ホエールウォッチングコース周辺

コースタイム

1
渡嘉敷港
10分
3.3 km
2
照山展望台


1
渡嘉敷港
18分
6.1 km
2
見花原遊歩道


1
座間味港
9分
3.1 km
2
稲崎展望台


1
座間味港
5分
1.5 km
2
高月山展望台
※コースタイムや距離は目安です。