未来に引き継ぐ大自然 国立公園

渡嘉敷・座間味慶良間諸島国立公園

トップへ
ここから本文です。

歴史的建造物 国指定重要文化財高良家住宅

国指定重要文化財高良家住宅の写真
先人の残した歴史がある。

高良家は、船頭主屋と呼ばれる旧屋で、琉球王府時代に末期に公用船の船頭職を務めた仲村渠親雲上が中国交易によって、19世紀後半に建築したといわれています。建築当時は茅葺で、鰹漁の景気の良かった大正年間に赤瓦葺きに改められました。屋敷を囲む石垣やひんぷんはサンゴ石を用いた独特な積み方がみられ、沖縄離島の民家としては建築年代が比較的古く、炊事場が主屋内にある非分棟型の民家です。

施設概要

開館時間:9:00~17:00
休館日:毎週月曜日
利用料:有料
外国語対応:
Wi-Fi:
食事施設:
住所:沖縄県座間味村字慶留間62番地
電話番号:098-987-2153
ホームページ:http://www.vill.zamami.okinawa.jp
ヒンプンの写真
ヒンプン
サンゴで出来た石垣の写真
サンゴで出来た石垣
メッセージ
管理人 中村 武次郎の写真
築約120年の高良家を管理するのは、今年トーカチを迎えた中村武次郎さん。手作りの昔ながらの民具や、三線の演奏も是非お愉しみください。また、高良家のある慶留間島は、いまだに舗装のされていないスージミチが多く残されています。のんびり散策しながら昔ながらの良き沖縄を体感してください。

管理人 中村 武次郎