未来に引き継ぐ大自然 国立公園

箱根富士箱根伊豆国立公園

トップへ
ここから本文です。

金時山コース

金時山コースの写真
タイプ
登山
所要時間
2時間30分
距離
4.6 km
富士山の眺望と金太郎伝説、初級者から楽しめる人気の登山コース。

コース概要

バス停留所の「金時神社入口」からスタート。登山口には有料・無料の駐車場もあります。歩きはじめてすぐに公時神社があり、ここから登山道へ向かいます。

金時山は坂田金時(金太郎)伝説の舞台です。公時神社の金太郎の巨大なマサカリを見て30分ほど山道を歩くと、金太郎が母の山姥(やまんば)と過ごしたという言い伝えがある「公時宿り石」があります。さらに急な坂をのぼり標高1,212 mの金時山頂へ、ここで一息。山頂には2軒の茶屋もあります。

金時山からはパノラマが広がり、富士山の眺めや、仙石原を挟んだ大涌谷の景色が楽しめます。下山は矢倉沢峠を経て、金時山登山口へ一気に下りるルートです。
※しっかりとしたトレッキングシューズと雨具、水分飲み物など登山装備が必要です。

見どころ

公時宿り石
公時宿り石の写真

巨大な公時宿り石

巨大な岩が二つに割れた公時宿り石は、金太郎伝説の代表格。「金太郎が母と暮らした」という言い伝えが示すように、岩の下に人が入れるほどのスペースがあります。ほかにも公時手毬石、蹴落とし石などもあります。

大涌谷の噴気を遠くに
大涌谷の噴気を遠くにの写真

山頂から望む大涌谷と仙石原

山頂の南側には、仙石原から箱根の山々や芦ノ湖までの景色が広がります。山中から噴気の出ているところが大涌谷です。約3,000年前、神山の斜面が大きく崩れ、その土砂が早川をせき止め、芦ノ湖ができました。現在の箱根の地形が火山活動によって造られてきたことが、ここからの眺めからわかります。

山頂からの富士山の眺望
山頂からの富士山の眺望の写真

裾野まで見渡せる富士山

山頂は視界が開け、晴れた日には、麓の御殿場の町から頂上までの壮大な富士山が望めます。山登りで汗を流した後は、富士山を眺めながら贅沢な一休みを。富士山のベストショットを撮るために登る価値もあります。

コースマップ

金時山コース周辺

コースタイム

スタート
1
金時神社入口(バス停)
5分
0.3 km
2
公時神社
20分
0.9 km
3
公時宿り石
55分
1.4 km
4
金時山山頂
15分
0.5 km
5
公時神社分岐
20分
0.6 km
6
矢倉沢峠
35分
0.9 km
7
金時登山口(バス停)
ゴール
※コースタイムや距離は目安です。