未来に引き継ぐ大自然 国立公園

大山・蒜山大山隠岐国立公園

トップへ
ここから本文です。

大山登山コース

大山登山コースの写真
タイプ
登山
所要時間
6時間
距離
8.2 km
中国地方最高峰の大山から日本海を望む。

コース概要

このコースは、夏山登山道と言われる大山山頂の弥山へと通じるコースです。大山は西日本最大級のブナの森をもつ、中国地方最高峰(1,729 m)の山です。古くから信仰の対象とされている大山は、今日も参詣道が残っています。参道を抜けブナの森を進むと、六合目避難小屋からは大山北壁や三鈷峰が眼前に広がります。八合目からは木道が整備されており、木道脇のキャラボクの群生を見ながら、山頂に至り、天気の良い日には、日本海や島根半島が望めます。下りは、行者谷分かれから、大神山神社奥宮、石畳の参道を抜けて戻るルートです。大山寺の参道脇には温泉施設もあり、登山の疲れを癒すのもおすすめです。
※大山登山道のトイレ施設は弥山頂上及び元谷の避難小屋のみです。トイレは登山前に予め済ませましょう。

見どころ

西日本最大級のブナの森
西日本最大級のブナの森の写真

新緑のブナの森を進む

西日本最大級のブナの森を抜けて登ります。春から初夏の新緑、秋の黄金色の紅葉のトンネルを登れば、身も心も癒されます。ブナの木は森のダムとも言われるほど保水力が高く、落ち葉も腐葉土となって雪解け水や雨水を貯えます。再び地表に湧き出してくるまで20年から30年。その水は栄養分たっぷりで、里の田畑を潤し、日本海に流れ込みます。

キャラボク群生
キャラボク群生の写真

八合目付近にあるキャラボクの群生

八合目付近の木道を上ると、登山道は緩やかになり、キャラボクの群生が見られます。このキャラボクは国の天然記念物に指定されており、群生の高さは数mにもなります。

山頂の眺望
山頂の眺望の写真

大山山頂から日本海を望む

大山の山頂からは、天候が良ければ、米子平野や弓なりに弧を描く弓ヶ浜半島の海岸線、中海や宍道湖のかなたに沈む夕日、島根半島などが一望できます。夏のシーズンには、頂上避難小屋内の売店で、登頂記念バッジが手に入ります。

コースマップ

大山登山コース周辺

コースタイム

スタート
1
博労座駐車場
15分
0.6 km
2
夏山登山口
80分
1.5 km
3
行者谷分かれ
20分
0.2 km
4
六合目避難小屋
80分
1.2 km
5
大山山頂
60分
1.2 km
6
六合目避難小屋
10分
0.2 km
7
行者谷分かれ
70分
1.8 km
8
大神山神社奥宮
20分
0.9 km
9
大山火の神岳温泉 豪円湯院
5分
0.6 km
10
博労座駐車場
ゴール
※コースタイムや距離は目安です。