• 世界の森林と保全方法
  • 森林保全と企業
  • パートナーシップによる保全
  • 森林保全の制度
  • 事例とデータベース
  • 活動報告
  • 参考資料

フォレスト パートナーシップ・プラットフォーム ホーム > 世界の森林と保全方法 > 森林のさまざまな役割

世界の森林とその保全

森林のさまざまな役割

森林の多面的機能

「森林の機能」とはなんでしょうか?現在では気候変動への影響、生物多様性の損失といった問題が大きく取り上げられ、この点での森林の役割がクローズアップされています。しかし、この他にも、木材や食べ物などの生産機能はもちろん、水源の涵養や土砂災害の防止、レクリエーションの場の提供など、森林には多種多様な機能があります。

森林の多面的機能

図 森林の多面的機能

生物多様性保全

森林は樹木や草、コケなどの植物や、菌類、土壌微生物、昆虫、鳥、爬虫類、哺乳類など様々な生き物の生息・生育の場となっています。森林にはこのような生態系や生物種、遺伝子を保全する機能があります。

地球環境保全

森林は地球温暖化の原因となっているCO2の吸収・蓄積や、酸素の供給、蒸発散作用により、地球環境を調節する機能があります。

土砂災害防止/土壌保全

樹木や草本が地面を覆い、その根が土壌を押さえることにより、雨による表面土壌の流出や、土砂崩れ等が防止されます。また、落葉等が土壌に養分を供給し、さらに河川を通じて海へ栄養を供給しています。

水源涵養

森林土壌が降水を一時貯留し、河川へ流れ込む水量を平準化して洪水を緩和する機能があります。また、森林土壌の濾過により水質が浄化される機能もあります。

快適環境形成機能

森林は蒸発散作用により夏の気温を下げ、冬の気温を上昇させるなど気候を緩和・調節し、また防風や防音などの機能により快適な環境を形成します。

保健・レクリエーション機能

キャンプや山登り、ハイキングなど、森林は休養・レクリエーションの場も提供しています。

文化機能

森林は、私たちの文化とも深く関わっています。森林や森林が成立している山はさまざまな文化の背景・場となり、また信仰の対象ともなってきました。

物質生産機能

木材や紙の原料、キノコや山菜などの食糧、薪や炭といった燃料、落ち葉を活用した肥料、さらに薬草や工芸材料(竹、蔓など)も利用されています。これらは地域の文化とも深く関係しています。

森林の減少・劣化による多面的機能の損失とその影響

[温暖化への影響]

森林はCO2の吸収源であり、またその貯蔵庫でもあります。管理・開発の仕方によっては温室効果ガス(GHG)の吸収源として機能しなくなるだけでなく、逆に排出源となるのです。温暖化の原因の約18%は森林からの排出量(注1)といわれています。温暖化対策としての森林保全活動を考えるとき、森林からのCO2排出を抑制するために、今ある森林を保全する活動を行うことも大変重要です。

[生物多様性の損失]

森林減少により、森林に生息する多様な生物が絶滅の危機にさらされています。アジア各地で生息数が減少しているトラや、かつては熱帯アジア全域に生息していたものの今ではマレーシアとインドネシアの熱帯雨林に残されるのみとなってしまったオランウータンなど、絶滅が心配される生物種の多くが森林に依存しています。

世界的に生物多様性の損失が危惧されている今、海外での森林保全活動を行う際は、現地の生物多様性への配慮も大変重要になるでしょう。


森林減少により絶滅が心配されるアムールトラ(ロシア)
写真提供:FoE Japan

[人々の暮らしへの影響]

「ミレニアム生態系評価」(注2)森林生態系に直接依存する世界の人口(特に貧困層)は20億人に達するといわれています。東南アジア諸国をはじめとする開発途上国においては、森林の多面的機能、特に物質生産機能に直接依存していたり、森林が重要なセーフティネットとなっている、森林とともに暮らす人々がいます。海外での森林保全について考えるとき、活動を行おうとしている地域の人々の生活が森林と共にある場合には、その関係への理解が重要な視点となります。


たけのこは重要な収入源(タイ)
写真提供:飯沼佐代子


卵が食用になるツムギアリの巣を採る女性たち(ラオス)
写真提供:メコン・ウォッチ

注釈

  • 1)スターン・レビュー「気候変動の経済学」日本語版,2006, 環境省他
  • 2)国連の提唱により2001~2005年に行われた地球規模の生態系に関する環境アセスメント

ページ上部に戻る