本文へジャンプ

串本海域公園について

串本海域公園の利用

串本海中図鑑

串本海域公園の話題

終わりに

環境省国立公園吉野熊野公園利用ガイドみどころ紹介串本海域公園串本海中図鑑串本産棘皮動物図鑑|イイジマフクロウニ


ここから本文

串本海中図鑑|串本産棘皮動物図鑑

生きものの情報
種名イイジマフクロウニ学名Asthenosoma ijimai
分類フクロウニ科
説明 直径10 cmを越える大型のウニです。この仲間の特長はからを作る板同士の連結部が広く、そこが可動なため、殻が柔らかい袋状であることです。この仲間も比較的深い海底に住んでいますが、イイジマフクロウニは水深20 m から見られ、ダイビング深度で出現するほぼ唯一のフクロウニの仲間です。各トゲは袋状の皮膜で覆われ、その中に毒液を満たしているため、トゲが刺さると毒液が注入されます。この毒に刺されると大変いたいので、イイジマフクロウニには注意が必要です。学名及び和名の「イイジマ」は明治時代の東大動物学教室の飯島 魁教授に因んでいます。

戻るノコギリウニガンガゼ進む


ページ最上部へ