セイヨウオオマルハナバチの代替種利用方針検討委員会 議事概要


1.日時

平成29年2月20日(木)13:30〜15:30

2.場所

農林水産省 生産局第1会議室

3.出席者

(委員)
玉川大 小野先生、東北大 河田先生、国環研 五箇先生、京産大 高橋先生、琉球大 辻先生、○岐阜大 土田先生、山形大 横山先生(○は座長)
(環境省)
外来生物対策室 曽宮室長、立田補佐、平山係長
(農林水産省)
生産局園芸作物課花き産業・施設園芸振興室 清水補佐、森明係長
(事務局)
自然環境研究センター 邑井主席研究員、森主任研究員

<概 要>

○主に資料1「セイヨウオオマルハナバチの代替種の利用方針(案)」について議論し、利用方針(案)が妥当であるとの意見を得た。また、これらを推進することにより、2020年までに、セイヨウオオマルハナバチの総出荷数量(北海道を除く)の半減を目指すことを確認した。

○委員会の意見を反映した上でパブリックコメントを実施し、それを踏まえ、代替種の利用方針を公表する。

【その他主な発言】

○科学的知見の整理

○今後の方針及び2020年までに進める対策について

<エゾオオマルハナバチについて>

<クロマルハナバチの逸出防止対策>

<巣箱の処分方法について>

<その他>