本文へジャンプ
 特定外来生物の解説

特定外来生物の解説


写真無し

和名
アカカミアリ
科名
アリ (Formicidae)
学名
Solenopsis geminata
英語名
Fire ant
原産地
アメリカ合衆国南部〜中米
特徴
体長3-5mmの体色は赤褐色で頭部は褐色のアリ。働きアリは多型を示す。
水に浮んで集団で移動するなど拡散の能力が高い。
定着実績
硫黄島、沖縄本島(米軍基地周辺)、伊江島(レーダー基地)で記録。硫黄島では、最優占種となっている。
平成21年度までに個体が確認された地点図
被害状況
■生態系に関わる被害
  • 攻撃的で高い採餌能力を持ち、他の小型節足動物などを捕食し、在来の生物多様性を減少させることが知られている。
  • 硫黄島においては他のアリ類を駆逐し最優占種となっている。
■人の生命又は身体に関わる被害
  • 刺されると、アルカロイド系の毒によって非常に激しい痛みを覚え、水疱状に腫れる。さらに毒に対してアレルギー反応を引き起こす例が、北米だけでも年間で1500件(本種を含めた"fire ant"全体の件数)近く起こっている。
取扱い上の注意
刺されると、アルカロイド系の毒によって非常に激しい痛みを覚え、水疱状に腫れる。さらに毒に対してアレルギー反応を引き起こす例が、北米だけでも年間で1500件(本種を含めた"fire ant"全体の件数)近く起こっている。
備考
米軍の物質輸送にまぎれ込んで侵入したものと考えられており、様々な物資について分布を拡大していると考えられる。

※ 通称につきましては、必ずしも正確なものではない可能性もありますので、ご注意ください。
※ 被害状況につきましては、代表的な事例を挙げています。


サブウィンドウを閉じる