本文へジャンプ

哺乳類

 特定外来生物の解説

特定外来生物の解説


タイワンリス

和名
クリハラリス(タイワンリス)
科名
リス (Sciuridae)
学名
Callosciurus erythraeus (Callosciurus erythraeus thaiwanensis)
英語名
Pallas's squirre(Taiwan squirrel)
原産地
クリハラリスは、アジア全域(中国からマレー半島)にかけて広く分布タイワンリスは台湾固有亜種
特徴
頭胴長20〜22cm、尾長17〜20cm、体重が360g程度で背面は黒と黄土色の霜降り模様。
定着実績
タイワンリスが神奈川県、静岡県、岐阜県、大阪府、和歌山県、長崎県などで定着。
平成21年度までに個体が確認された地点図
被害状況
■生態系に関わる被害
  • これまで分布域が市街地、島嶼部に限られていたが、最近になって著しく分布域を広げており、連続した森林生態系に侵入すれば、在来のリス類との競合などが懸念される。
  • 環境選択の厳しいニホンリスが地域的に消失していく中で、環境省版RDBで「絶滅のおそれのある地域個体群」とされている中部地方以西のニホンリスが競合した場合、ニホンリスの地域的な絶滅要因になる可能性がある。
■農林水産業に関わる被害
  • 本種によりスギ・ヒノキ植林への被害面積が福江市では拡大しているなど、農作物や林木(樹皮剥ぎ)などの農林業被害が報告されている。
取扱い上の注意
備考
ペットとしてかなり流通した実績があり、放棄、または逸出した個体が定着した可能性が指摘されている。

※ 通称につきましては、必ずしも正確なものではない可能性もありますので、ご注意ください。
※ 被害状況につきましては、代表的な事例を挙げています。


サブウィンドウを閉じる