本文へジャンプ
HOME >犬と猫のマイクロチップ情報登録について

動物愛護管理法

犬と猫のマイクロチップ情報登録について

令和4年6月1日から開始した「犬と猫のマイクロチップ情報登録」制度について

令和4年8月12日時点

 令和4年6月1日から、ブリーダーやペットショップ等で販売される犬や猫について、マイクロチップの装着が義務化されました。つまり、ブリーダーやペットショップ等で購入した犬や猫にはマイクロチップが装着されており、飼い主になる際には、ご自身の情報に変更する必要があります(変更登録)。さらに、他者から犬や猫を譲り受けて、その犬や猫にご自身が獣医師に依頼してマイクロチップを装着した場合には、ご自身の情報の登録が必要になります。
 本Q&Aは、令和4年6月1日に開始した「犬と猫のマイクロチップ情報登録」制度に関する内容です。民間登録団体が個別に実施しているマイクロチップ情報登録事業とは異なりますので、ご注意ください。

ポスター [PDF:1.1MB]
リーフレット [PDF:958KB]

 環境大臣が指定した指定登録機関により「犬と猫のマイクチップ情報登録」制度のウェブサイト及び専用コールセンターが開設されましたのでご利用ください。

  • ウェブサイトhttps://reg.mc.env.go.jp/
  • コールセンター:03-6384-5320(受付時間:8時00分~20時00分 ※土日祝日可)

犬猫所有者のマイクロチップ装着・登録の全体像 [PDF:649KB]
原案:環境省
制作:公益社団法人日本愛玩動物協会

犬や猫を購入した際の手続方法(変更登録の申請手続)


ページTOPへ