検索画面に戻る Go Research



(596Kb)

[B−53 都市圏の資源・エネルギー循環と都市構造に関わる温暖化防止に関する研究]

(3)都市気候モデルによる建築及び市街地の熱特性評価に関する研究


7築の熱環境負荷モデルの開発


[研究代表者]

建設省建築研究所第5研究部居住環境研究室

●足永靖信


[平成9-11年度合計予算額]

9,672千円

(平成11年度予算額 3,224千円)


[要旨]

 建築の空調システムが発する排熱が都市の気温を上昇させることで新たな冷房負荷が生じる都市構造がもたらす熱的悪循環の構造を明確化すべく、都市気温が建物のエネルギー消費および外界への排熱強度に及ぼす影響を分析した。


[キーワード]

 都市気候、空調システムシミュレーション、熱負荷、COP