研究成果報告書 J98C0131.HTM

検索画面に戻る Go Research



(749KB)

[C−1.東アジアにおける環境酸性化物質の物質収支解明のための大気・土壌総合化モデルと国際共同観測に関する研究]

(3)東アジア地域の乾性沈着量測定に関する研究

ゝぢ里よび微小水滴の沈着速度の測定に関する研究


[研究代表者]

 

国立環境研究所大気圏環境部大気動態研究室

●福山力

[環境庁国立環境研究所]

 

大気圏環境部大気動態研究室

●内山政弘

(委託先)

 

東京農工大学農学部

●青木正敏

埼玉大学大学院理工学研究科

●坂本和彦

桜美林大学国際学部

●大喜多敏一

東洋大学工学部

●泉克幸

グリーンブルー(株)

●酒井敬


[平成8〜10年度合計予算額]

29,478千円

(平成9年度予算額9,718千円)


[要旨]

 東アジアの環境を特徴づける沈着面として、農作物、森林樹木および乾燥土壌を取り上げ、それらに対する二酸化硫黄、二酸化窒素(いずれも酸性化物質)、オゾン(酸化性物質)の乾性沈着速度を測定した。まず、農作物についてはコムギ、ダイズ、トウモロコシ群落に加えて裸地面を対象として、熱収支ボーエン比法により沈着速度の日変化などを明らかにした。得られた結果より、オゾンの沈着は植物体への経路が支配的で気孔開きの影響を受けるのに対して二酸化硫黄は土壌への沈着が主要経路で土壌水分の影響を受けることが推測された。森林樹木としてはアカマツを対象として長野県大芝高原において同じくボーエン比法による観測を行なった。その結果、夏期にオゾン沈着速度が異常に大きい現象が見い出され、オゾンと植物起源気体との反応が除去過程に寄与していることが示唆された。また乾燥土壌については、流通反応法による室内実験で、アルカリ処理表面を対照面として用いることにより、表面抵抗のみを評価する方法を考案し、二酸化硫黄の沈着に対する黄土試料の抵抗を求めた。一方、北京市内の土壌を対象として、風速プロファイル法によって二酸化硫黄の沈着速度を測定し、乾性沈着の重要性を証明した。
 微小水滴沈着に関しては、高さ430mの立坑内に上昇気流によって人工霧を発生させ、高分子吸水材を用いた擬似葉への沈着を重量法で測定した。その結果、微小水滴の沈着においては重力沈降は重要でなく、水滴が乱流状態の気流に乗って対象面の向きにほとんど無関係に沈着するという基本的性格を明らかにした。


[キーワード]

乾性沈着、オカルト沈着、沈着速度、二酸化硫黄、オゾン、農作物、森林樹木、乾燥土壌、北京