研究成果報告書 J98C0114.HTM

検索画面に戻る Go Research



(635KB)

[C−1.東アジアの環境酸性化物質収支解明のための大気・土壌総合化モデルと国際共同観測に関する研究]

(1)アジアスケールの環境酸性化物質の総合化モデルの開発に関する研究

ご超酸性化物質の輸送・変質モデルに関する研究


[研究代表者]

 

気象研究所環境・応用気象研究部

●佐藤純次

[運輸省気象庁気象研究所]

 

環境・応用気象研究部第3研究室

●佐々木秀孝


[平成8年度〜平成9年度合計予算額]

11,710千円

(平成10年度予算額3,759千円)

[要旨]

 東アジア地域の大陸における発生源からの沈着に及ぼす影響を見積もるために気象予測モデルとラグランジュ粒子法を用いた移流・拡散モデルで構成される輸送モデルを作成した。広いモデル領域と高空間分解能を得るために、ネスティングモデルにより液相酸化過程等の機能を持たせた。気象衛星、.アメダスデータ等を用いて気象予測モデルを、またチェルノブイリからの放射性沃素の観測値を用いて移流・拡散モデルの検証をそれぞれ実施した。
 東アジアにおけるエミッションインベントリーが整理されている1985年について硫黄酸化物の年間輸送シミュレーションを実施した。大陸の発生源による沈着に及ぼす影響評価を行うために、各発生源からの寄与率を解析した。その結果、わが国の西に位置するリセプターでは乾性沈着に対する大陸の影響は大きいが、東に位置するリセプターほどこの影響は小さくなる。乾性沈着では国内の発生源による寄与が大きかった。一方、湿性沈着では国内の発生源の他に地域よっては中国の発生源による影響も見られた。


[キーワード]

東アジア、硫黄酸化物、輸送、沈着、数値モデル