検索画面に戻る Go Research



(2.27MB)

[F―6 アジアオセアニア地域における生物多様性の減少解決のための世界分類学イニシアティブに関する研究]

(2)GTI地域プログラム実施における生物多様性情報共有化と利用に関する研究

 生物多様性情報の持続的構築に関する研究

東京大学

 

 生産技術研究所 戦略情報融合国際研究センター

相良毅

[平成14〜16年度合計予算額]

 平成l4〜16年度合計予算額 7,135千円
 (うち、平成16年度予算額※0千円)
「上記の予算額には、間接経費0千円を含む」

[要旨]

  生物多様性情報の構築は、これまで主に標本データの収集、同定、管理に多くの人的・
金銭的資源が割かれ、蓄積された標本情報の電子化・データベース化にはあまり積極的に取り組
まれてこなかった。しかし近年、生態系への関心の高まりやインターネットの普及により、生物
学の専門家ではない一般の利用者への生物多様性情報の公開が国際的に進められており、電子
化・データベース化を持続的に行う必要がある。このような背景のもと、本研究では(1)電子化・
データベース化による活用方法の提示、(2)電子化・データベース化における技術的な問題の軽減
の2つを情報工学の手法を用いることで実現することを目的とした。(1)は生物多様性情報の構築
を進める原動力を増し、(2)は生物多様性情報の構築にかかる障害を低くすることによりコストを
軽減する。具体的には、標本ラベルに記載されている採集地の文字列情報を自動的に経緯度に変
換する地名照合技術を用い、(1)に対しては標本データベースから生物種の分布図を自動的に作成
し可視化するシステムを開発し、(2)に対しては標本ラベルのデータベース入力時に対話的な地名
表記の正規化やエラー訂正を行うシステムを提案した。

[キーワード]

 生物種分布図、地名照合、インターネット、地図配信、入力支援