検索画面に戻る Go Research



(3.34MB)

[F―6 アジアオセアニア地域における生物多様性の減少解決のための世界分類学イニシアティブに関する研究]

(1)GTI地域プログラムの基本プロジェクト開発における分類学的側面に関する研究

ぅぅ鵐疋優轡◆Ε織い砲ける微細藻類の分類学的研究

独立行政法人国立環境研究所

 

 生物圏環境研究領域 系統・多様性研究室

笠井文絵・河地正伸・Mary-Helene

 Noel

 

 生物圏環境研究領域長

渡辺 信

 環境研究基盤技術ラボラトリー 環境生物資源研究室

志村純子

 〈研究協力者〉

 

 タイ国カセサート大学

W. Yongmanitchai,

 

W. Panthavee,

 

Y. Paopun

 インドネシア共和国インドネシア科学

Sulastri, L. Panggabean

 インドネシア大学

N. B. Prihantini

[平成14〜16年度合計予算額]

 平成l4〜16年度合計予算額 19,236千円
 (うち、平成16年度予算額※6,529千円)
「※上記の予算額には、間接経費1,507千円を含む」

[要旨]

  タイとインドネシアをアジアオセアニア地域におけるモデルケースとして、分類学
研究に不可欠な情報が、特に資源国の多様性研究者に利用できるような仕組みを作るための
分類学的側面を微細藻類について担当した。タイとインドネシアにおいて微細藻類分類学に
関するニーズ調査を行った結果、一部の分類群のインベントリーが完全に欠如していること
が判明した。そこで、これらの分類群に焦点を当て、現地研究者とともに2回の現地調査を
行い、サンプリング、観察、分離培養等により多くの微細藻類を同定して、タイの微細藻類
インベントリーの更新に貢献した。また、微細藻類は、高等動植物のように肉眼で見て同定
することができないために、分類情報さえ利用できれば現地の研究者が同定できるわけでは
ないという問題をはらんでいたため、現地調査やトレーニングコースの開催などによって分
類技術の移転をはかった。

[キーワード]

 原記載論文、培養株、微細藻類、分類技術、マングローブ