検索画面に戻る Go Research



(3.15MB)

[F―6 アジアオセアニア地域における生物多様性の減少解決のための世界分類学イニシアティブに関する研究]

(1)GTI地域プログラムの基本プロジェクト開発における分類学的側面に関する研究

▲ぅ鵐疋優轡◆Ε織い砲ける海産無脊椎動物の分類学的研究

京都大学フィールド科学教育研究センター

白山義久

 〈研究協力者〉

 

 九州大学総合研究博物館

松隈 明彦

 神戸大学内海域環境教育研究センター

川井 浩史

 京都大学フィールド科学教育研究センター

加藤哲哉・津島由紀子

 〈研究協力者〉

 

 タイ プーケット海洋生物センター

Somchai Bussarawit・Charatsee Aungtonya

 

Vararin Vongpanich・Isareeya Eadkerd

 

Koraon Wongkumhang・Ampai Suesat

 

Chesada Chanamai・Wiwatthanan Boonyung

 

Arwut Kaenphet

 プリンスオブソンクラ大学

Anchana Prathep

 カセサート大学

Chittima Aryuthaka・Chawaporn Jittanoon

 インドネシア インドネシア科学院海洋研究所

Ono Kurnae Sumadhiharga・Susetiono

 

Ernawati Widyastuti

[平成14〜16年度合計予算額]

 平成l4〜16年度合計予算額 18,437千円
 (うち、平成16年度予算額※5,669千円)
「※上記の予算額には、間接経費1,308千円を含む」

[要旨]

  本研究では、インドネシアとタイをアジアオセアニア地域におけるモデルケースとして、生物
多様性減少の著しい熱帯アジアにおける海産無脊椎動物の分類学研究の基盤を構築することを目
的とし、特に多様性が高くその保全が緊急な課題である、インドネシア海域とタイ沿岸海域をモデル
海域と定め、保全に必要な情報を取得するために早急にインベントリー研究を行い、データベースを
構築すると共に、分類学的研究の実施に不可欠な知識と文献情報などの現地研究者へ技術移転
を実施し、アジア地域における研究推進を図ることを目的とした。
タイにおいてはプーケット島に於ける現地調査および試料解析を現地の研究者と共同で実施した。
タイのプーケット海洋生物学センター(Phuket Marine Biological Center)ならびにカセサート大学水
産学部(Faculty of Fisheries, Kasetsart University)との間でMOUを取り交わし、共同研究を実施し
た。特に現地に今回の現地調査を通して採集された大量の海産無脊椎動物試料を分別分類し、そ
れぞれを適切に処理して研究材料に供するための前処理行程が完全に行えるスタッフを10名養成
できたことによって、現地に於ける分類学的研究実施の基礎を築くことができた。
また、現地研究者5名(うち1名は2回)を日本に招へいし、線形動物、環形動物、軟体動物と節足動
物について、分類学的研究を実践した。線形動物については、すべての種の記載について、京都
大学が所蔵する文献を電子化し、タイへ移転した。そのファイルサイズは、5.88GBに達する。これら
の文献情報を元に現地研究者と協同して、線形動物の分類学的研究を行い、予備的なデータベー
スを作成した。また環形動物については、プーケット海洋生物学センター所蔵標本を元に、さらに和
歌山県田辺湾においても近縁種の採集を実施し、共同で分類学的研究を推進した。また軟体動物
についてはタイ国産二枚貝綱(軟体動物)の分類学的再検討を実施し、本年度はフネガイ目を中心
にPMBC所蔵の361標本について再同定を実施し、データベース化を行った。また全26種を取り扱
ったフィールドガイドの原稿も完成した。海藻類については、標本整備と画像データベース構築へむ
けてタイ・ハジャイのプリンスオブソンクラ大学理学部生物学科と共同で海藻類画像データベースの
構築と整備を開始した。これらの活動の結果、GTIワークプログラムを踏まえた本研究計画によるタイ
における地域分類学研究の推進の着実な第1歩が踏み出すことができた。またインドネシア科学院
(LIPI)との協議の結果、現地に新たな共同研究拠点が開設できる見通しとなった。これらの活動の
結果、GTIワークプログラムを踏まえた本研究計画によるタイにおける地域分類学研究の推進に寄与
すると共に、インドネシアにおいても着実な第1歩を踏み出すことができた。

[キーワード]

 インベントリー、分類情報、海産無脊椎動物、軟体動物、海藻類