検索画面に戻る Go Research



(2.83MB)

[B-11地球温暖化による高山・森林・農地生態系の影響、適応、脆弱性の評価に関する研究]

(3)自然林・人工林の脆弱性評価と適応策に関する研究

  アジアの熱帯林生態系の影響、脆弱性の評価に関する研究

京都大学生態学研究センター

 

北山 兼弘

独立行政法人森林総合研究所九州支所

 

齋藤 英樹

[平成14〜16年度合計予算額]

 平成l4〜16年度合計予算額 14,048千円
 (うち、平成16年度予算額 3,985千円)

[要旨]

  ボルネオ島の熱帯林生態系では降雨量が多いにも関わらず、植物季節や生態系動態が大
気の乾燥度によって支配されている。得られた土壌と樹木生理のパラメータを使い、CENTURYモデ
ルで温暖化予測を行ったところ、2000年から2050年まで月最大・最低気温の年上昇率0.043℃のシ
ナリオでは熱帯林の生産性と森林バイオマスが漸次上昇、土壌炭素が漸次減少する。しかし、1998
年規模のエル・ニーニョが10年毎に発生し樹木の死亡率が2.6%上昇すると、同復が追いつかず森
林バイオマスは漸次減少を始める。さらに、現在行われている規模の商業伐採影響がこれに加わ
ると、森林回復は困難になると予測される。現在の森林及び土地利用を把握するため高頻度観測
衛星データから広域土地利用図を作成した。これにNOAAのホットスポットデータによるこれまで
の火災発生およびインドネシア政府による森林事業権の設定状況を重ね合わせ、これらを考慮し
た森林の脆弱性について検討を行った。

[キーワード]

 熱帯降雨林生態系、干ばつ、純一次生産、リモートセンシング、広域土地利用図