検索画面に戻る Go Research



(1.68MB)

[B-8有機エアロゾルの地域規模・地球規模の気候影響に関する研究]

(1)有機エアロゾルの輸送と放射強制力に関する研究

  バイオマス燃焼に伴う一酸化炭素の輸送と分布の解析に関する研究 

東京都立大学大学院工学研究科応用化学専攻

 

梶井 克純

     

 〈研究協力者〉東京都立大学大学院工学研究科応用化学専攻

 

加藤 俊吾

       科学技術振興機構戦略的創造研究事業地球変動のメカニズム領域

 

 

       博士研究員

 

松本 淳

       博士研究員

 

定永 靖宗

       日本学術振興会派遣研究員

 

松永 壮

[平成14〜16年度合計予算額]

 平成l4〜16年度合計予算額 6,034千円
 (うち、平成16年度予算額 1,906千円)

[要旨]

  バイオマス燃焼に伴う一酸化炭素の動態を把握することを目的とし以下の3項目について…拘
連続観測データの解析および連続観測、▲轡戰螢⊃肯啣从劼留洞舛よび3ね梁腟い了晴叔修
ついて検討した。得られた主な結果は、中高緯度帯でのVOC濃度の季節変動は主にOHラジカルの反
応により制御されているということ、沖縄のような中低緯度帯では夏季以外は大陸の影響が大き
く汚染物質が高頻度で飛来すること。また、特に春期は低気圧の通過に伴い大陸起源の高濃度オ
ゾンおよび一酸化炭素が周期的に輸送されることが明らかとなった。冬季における炭化水素濃度
は発生源からの輸送時間で規定されていることから化学反応ではなく主に、希釈過程により濃度
が決まる。沖縄で観測された中国由来の汚染物質はVOCと一酸化炭素濃度の測定結果から、中国南
西部沿岸域から飛来する空気塊でも、都市型の汚染空気であり、バイオフユーエルの寄与は大き
くない可能性が示唆された。海洋上での生物活動による反応性の高いVOCが観測された。これらは
日射の強い、低緯度帯で比較的高濃度で観測された。植生の存在しない海洋上での光化学反応に
おいて、海洋上でのVOC発生がある場合、局所的にOHラジカル濃度が低下することから、DMSの酸
化過程に影響を与える可能性があることが示唆された。

[キーワード]

 一酸化炭素、オゾン、長距離輸送、輸送時間、バイオマス燃焼