放射線による健康影響等に関する統一的な基礎資料
(令和2年度版、 HTML形式)

第4章 防護の考え方
4.2 線量限度

国際放射線防護委員会(ICRP)勧告と国内法令の比較

閉じる

日本の現行法令には、まだ、国際放射線防護委員会(ICRP)の2007年勧告の取り入れは行われていませんが、線量限度については、2007年勧告と1990年勧告に大きな違いはないため、ほぼ2007年勧告と合致しています。なお、職業人女性の線量限度(5ミリシーベルト/3か月)のように、日本特有の線量限度も存在します。

本資料への収録日:2013年3月31日

改訂日:2020年3月31日

ページ先頭へ