茨城県の代表的な湧水

全国における湧水の把握状況(仮設)代表的な湧水>茨城県の代表的な湧水
回答市区町村名 湧水の名称 所在地 概要等 アクセス制限
◎:可
○:可(制限有り)
×:不可
−:不明
湧水保全活動
名称 ふりがな
水戸市笠原水源かさはらすいげん水戸市笠原町 江戸時代から水道水として利用されていた。現在,史跡として整備され湧水量も多く,利用されている。 史跡として整備されている。その周辺は,都市公園として整備してある。水戸市で年1回水質検査を実施している。
水戸市玉龍泉ぎょくりゅうせん水戸市見川1丁目 偕楽園公園の一角にあり,高低差を利用して噴水として利用している。 偕楽園公園内にあり,管理されている。水戸市で年1回水質検査を実施している。過去に大腸菌が検出されたことがある。
水戸市軍民坂湧水ぐんみんざかゆうすい水戸市上国井町 水量が豊富である。 湧水を受ける枡が設置してある。水戸市で年1回水質検査を実施している。過去に大腸菌が検出されたことがある。
水戸市小沢の滝こざわのたき水戸市北見町 緑豊かな斜面緑地から湧いた水が,小さな滝となり流れ出ている。滝周辺は,都市緑地として整備されている。 背後の緑地と一体として,都市緑地として整備してあり,管理している。水戸市で年1回水質検査を実施している。過去に大腸菌が検出されたことがある。
水戸市曝井さらしい水戸市愛宕町 万葉集第9巻に那須郡曝井の歌として詠まれた地に湧き出ている。 背後の竹林と湧水の溜まる池周辺を和風庭園の都市緑地(万葉曝井の森)として整備してある。水戸市で年1回水質検査を実施している。過去に大腸菌が検出されたことがある。
水戸市神明宮じんめいぐう水戸市八幡町 近隣の神社と相まって,歴史的な面影を残す。 湧水の溜まる池周辺を都市緑地として整備してある。水戸市で年1回水質検査を実施している。現在,一般細菌が検出されている。
水戸市吐玉泉とぎょくせん水戸市常盤町1丁目1842年偕楽園開園当初から園内に湧水があった。現在は,大理石で整備され,湧水量も多く来園者に親しまれている。 偕楽園公園内にあり,大理石から湧き出ている。水戸市で年1回水質検査を実施している。過去に大腸菌が検出されたことがある。
日立市小豆洗不動尊の湧水あずきあらいふどうそんのゆうすい日立市東成沢町3丁目小豆洗不動尊の境内。鮎川の河岸段丘の崖の途中から湧き出している。 
日立市池の川弁天様の湧水いけのかわべんてんさまのゆうすい日立市中成沢町2丁目国道6号下の鹿島神社の隣に弁天池がある、通常は枯れている。 
日立市泉が森湧水及びイトヨの里泉が森公園いずみがもりゆうすいおよびいとよのさといずみがもりこうえん日立市水木町2丁目泉神社境内にある湧水。「常陸国風土記」にも記されている。平成の名水百選認定地元住民による湧水を利用した「イトヨの里泉が森公園」の管理及びイトヨの保護活動。
日立市大久保の風穴おおくぼのかざあな日立市大久保町地内桜川上流の鍾乳洞。下部の穴から清水が流れ出ている。 
日立市金沢弁天池の湧水かねさわべんてんいけのゆうすい日立市東金沢町4丁目赤松の木立が目立つ弁天公園。湧き出た水が池を形作っている。 
日立市桐木沢水神様の湧水きりきざわすいじんさまのゆうすい日立市西成沢町1丁目国道6号から桐木沢を西に入ると「水神宮」と書かれた赤い鳥居と祠がある。その岩の下から湧き出している。 
日立市銀水沢の湧水ぎんすいざわのゆうすい日立市助川町3丁目銀水沢と呼ばれる谷間、車道沿いの杉林の斜面から湧いている。 
日立市呉坪の八幡清水くれつぼのはちまんしみず日立市中深荻町呉坪個人の宅地の山裾から湧き出している。昔から生活に利用されてきた湧水× 
日立市化粧水けしょうすい日立市助川町地内助川海防城跡に湧き、姫の化粧に使用されたという言い伝えがある。案内板あり 
日立市笹目弁天池の湧水ささめべんてんいけのゆうすい日立市入四間町山間部の杉林の中。山裾に湧く水を溜めて池を造り灌漑用水としていた。池の中には弁財天の小祠が祀られている。 
日立市諏訪の水穴すわのみずあな日立市諏訪町太平田鮎川渓谷の一部の鍾乳洞から清水が流れ出ている。水穴は信州諏訪に通じているという伝説がある。 
日立市別雷皇太神の湧水わけいかづちこうたいじんのゆうすい日立市東町3丁目別名雷神様が祀られている、浜の宮海岸崖の岩の間から湧いている。 
日立市民家 日立市諏訪町3丁目諏訪神社の裏手。個人の宅地の山裾から湧き出している。庭の池を形作っている。× 
日立市豆腐工房の湧水とうふこうぼうのゆうすい日立市入四間町工房の駐車場の一角。一般人が自由に利用できるようになっている。水の持ち帰り自由 
日立市切目の名水きれめのめいすい日立市十王町高原杉林の中からわき出している。「湯殿山・月山・羽黒山」の石碑が鎮座している。 
日立市奥撫の湧水群おくなでのゆうすいぐん日立市十王町高原5か所の湧水があり、飲料水や酒蔵などにも利用されている。ホタルも多い 
日立市竪破山登山道周辺の湧水たつわれさんとざんどうしゅうへんのゆうすい日立市十王町黒坂奇岩・巨石が多い竪破山登山道沿いに5つの湧水がある。 
龍ケ崎市中沼なかぬま龍ケ崎市北方町839明治43年に小貝川があふれてできた氾濫沼で昭和49年茨城県の自然環境保全地域に指定されている。面積は1haで多くの太公望でにぎわう。◎:可自然保護指導員が定期的に巡回し,清掃活動等を実施している。
市で定期的に水質測定を実施している。
龍ケ崎市種池たねいけ龍ケ崎市若柴町小道沿いに湧き水を集めて、種もみを浸した。また、稲作の水源としても利用されていた。◎:可地元の農家の方が定期的に清掃活動を実施している。
北茨城市大北渓谷湧水おおきたけいこくゆうすい北茨城市中郷町石岡渓谷を走る道路に沿って複数の湧水が存在し、そのうちの一ヶ所には不動尊が祭られている。定期的に水質調査を実施している。
北茨城市腰越湧水こしごえゆうすい北茨城市華川町小豆畑市内の湧水のうち最も採水者が多く、時には順番待ちの状態になる。定期的に水質調査を実施している。
北茨城市才丸湧水(福寿の湧水)さいまるゆうすい(ふくじゅのゆうすい)北茨城市関本町才丸福寿草群生地の近くで、水田があることから、清掃等は行き届いているが、民地のため現在は立入できない。× 
つくば市一乗院の湧水いちじょういんのゆうすいつくば市上大島参詣前の清めの水に使用。寺院境内及び近辺に湧水郡がある。 
つくば市稲葉酒造の湧水いなばしゅぞうのゆうすいつくば市沼田江戸末期より酒造りに湧水を使用しており、湧出場所は稲葉酒造の北約150mの地点でそこからパイプで引いている。 
つくば市大御堂の湧水おおみどうのゆうすいつくば市筑波弘法水、千手の水の二つがある。現在は鐘楼の石垣から湧出している。 
つくば市小沢集落の共同井戸おざわしゅうらくのきょうどういどつくば市小沢昭和40年代まで使用された共同井戸。現在はポンプで汲み上げており、茶の湯に利用する人が多く訪れる。 
つくば市御山王の井戸おさんのうのいどつくば市臼井臼井六井のひとつ。井戸の近くに御山王様と呼ばれる神社があった。 
つくば市御手洗水おみだらしつくば市小田湧出口は宝鏡山中腹。浅間神社に参るときの清めの水とされ、神礼水と呼ばれている。昭和初期まで山の麓の人の生活水にもなっていた。 
つくば市神郡の協同井戸跡かんごおりのきょうどういどあとつくば市神郡昔、集落に数カ所の協同井戸があった。現在は井戸のあった場所2カ所がわかるのみ。 
つくば市雲の井くものいつくば市筑波筑波六井のひとつ。場所はいくつかの説があるが、筑波地区・県道42号沿いにある成瀬商店下の井戸が有力 
つくば市香の井こうのいつくば市筑波筑波六井のひとつ。飲料用に汲みに来る人も多い。水を汲み際には所有者にことわりを。 
つくば市弘法水こうぼうすいつくば市筑波弘法大師ゆかりの湧水。筑波山の中腹、雑木林に囲まれた中にある。 
つくば市蚕影神社の湧水こかげじんじゃのゆうすいつくば市神郡水源は神社のある雑木林のなか。湧出口は参道入口の民家の敷地内。水量は多く、水を汲みに来る人もいる。水を汲む際には所有者にことわりを。 
つくば市御神水ごしんすいつくば市筑波筑波山神社参詣者の清めの水。水源は筑波山頂近くにある十一面観音の祠 
つくば市佐の湧水さのゆうすいつくば市佐雑木林からのしぼり水が数カ所から湧出。 
つくば市清水しみずつくば市筑波筑波六井のひとつとする説や雲の井の別称という説がある。戦後まで集落の飲料水になっていた。 
つくば市常願寺跡の湧水じょうがんじあとのゆうすいつくば市小田雑木林からのしぼり水が集まって沢になっている。涸れることもある。 
つくば市杉の井すぎのいつくば市筑波筑波六井のひとつ。「筑波山江戸屋」の敷地内から湧出 
つくば市椿の井つばきのいつくば市筑波筑波六井のひとつ。 
つくば市萩の井はぎのいつくば市筑波筑波六井のひとつ。 
つくば市東岡・花室の湧水ひがしおか・はなむろのゆうすいつくば市東岡・金田つくば市桜庁舎東側の水田地帯の一角から湧出。 
つくば市ヒヤミズひやみずつくば市臼井(冷水、霊水)正確な表記は不明。六所神社跡近くの雑木林のしぼり水。現在も生活水に利用。 
つくば市不動峠の湧水ふどうとうげのゆうすいつくば市筑波北条から不動峠に至る道の斜面に、数カ所の湧水がある。 
つくば市ふれあいの里近くの湧水ふれあいのさとちかくのゆうすいつくば市筑波つくば市の宿泊施設ふれあいの里近くで湧出する湧水、水量が多く、水を汲みに来る人が多い。 
つくば市北条新町の横井戸群ほうじょうしんまちのよこいどぐんつくば市北条集落内の約20軒が横井戸を所有。現在も生活水に利用している家もある。 
つくば市御海みうみつくば市筑波男体山頂近くにある。霊験あらたかな水とされ、万病に効くといわれている。 
つくば市男女川の水源地みなのがわのすいげんちつくば市筑波筑波山ケーブルカーのトンネルの下部にあり登山道のそばにあることから古くより登山客ののどをうるおしてきた。 
つくば市八坂神社前の湧水やさかじんじゃまえのゆうすいつくば市小田集落北の前山が水源の横井戸。昭和初期まで協同井戸として利用。× 
ひたちなか市沢田湧水地さわだゆうすいち茨城県ひたちなか市馬渡605-4(国営ひたち海浜公園内)東海・阿字ヶ浦砂丘に蓄えられた大量の雨水が地下水として湧き出してできた湿地である。国営ひたち海浜公園内にあり,適切に管理されている。また,地元の中学校の生徒による調査・研究も行われている。
潮来市大生の思井戸おおうのおもいど潮来市大生所在地は潮来市大生前谷津にあり、大生神社の御手洗池となっている。神社の祭礼などに使われていた。 
潮来市名称なし 潮来市大賀  
常陸大宮市雪村筆洗の池せっそんふであらいのいけ常陸大宮市下村田水質は良好で,公園として整備されている。◎:可年1回水質検査を行っている。
常陸大宮市三蔵の滝さんぞうのたき常陸大宮市宇留野山裾から湧き出している。現在も飲料水として利用されている。年1回水質検査を行っている。
桜川市延命水えんめいすい桜川市本木坂東33観音札所第24番の雨引観音に向かい右側の杉林の中にあり、「延命観音菩薩の袖よりしたたり落ちた聖水で、延命のご利益があらたかである。」と言われています。 
行方市椎井の池しいのいけ行方市玉造甲常陸国風土記の夜刀神伝説から、「池の周りに椎の木があり清泉が湧き出るので椎井の池となった。」市の補助により地元で、年2回の清掃を実施。
大子町八溝川湧水群やみぞがわゆうすいぐん久慈郡大子町上野宮地内八溝川湧水群は金性水、銀性水、鉄水、白毛水、龍毛水の5箇所からなり、徳川光圀が命名したと云われている。 
大子町八溝川湧水群やみぞがわゆうすいぐん久慈郡大子町上野宮地内八溝川湧水群は金性水、銀性水、鉄水、白毛水、龍毛水の5箇所からなり、徳川光圀が命名したと云われている。 
美浦村ぶくぶく水ぷくぷくみず美浦村馬掛・土浦台地からの滲み水周辺の草刈り等
八千代町弘法水こうぼうすい八千代町栗山974番地当時、岩の切れ目から溢れ出ていたが、その後盛土され、現在は谷津田となっていて少量ながれている。